100均フレームで簡単DIY♡ランタンでお部屋をお洒落に

写真拡大 (全13枚)

お部屋のインテリア、どんなものを飾っていますか?最近では100均でもそのまま飾れるかわいい雑貨が増えていますが、そのまま飾るよりも簡単にDIYして、自分のお部屋にあった雑貨を作るのがオススメ!今回は100均のアイテムを使って作るシャビーなランタンをご紹介します。

【詳細】他の記事はこちら

用意するもの

今回は木工編です。

100均で売っている写真立てを使って、お部屋に飾れる雑貨
シャビーなランタンを作ってみましょう。

用意するのはまず写真立て。

今回はダイソーの写真立てを用意しました。
これを4枚用意してください。

そして写真立てのフレームの横幅+2cmくらい大きめに切った正方形の板2枚と、それより一回り小さく切った正方形の板1枚。

今回雰囲気を出すためにトリマーという電動工具で、面取り加工してありますが、なくても大丈夫!
その場合は小さめの板よりさらに一回りずつ小さい板をもう2枚くらい準備すると同じような雰囲気が出せます。

そして写真にはありませんが、1cm角くらいの角棒90cmを1本。
ちなみに板も角棒も100均で手に入ります。

あともう一つ、お好きな取っ手。

これもお好きな取っ手を100均で探してみてくださいね。

それと木工ボンドを用意して作ってみましょう。

作り方

まず写真立ての中身を全部外してフレームだけにします。
裏に抑え用の金具が付いているのでそれも取ってください。

そしてフレームを裏返し、2枚のフレームのそれぞれ両側にカットした角棒を木工ボンドで貼りつけます。

その後フレーム、板を裏表全てペンキで塗ります。
最初はムラが出来て汚くなってしまっても、2〜3度重ね塗りをすればきれいになります。

ペンキが乾いたら角棒の付いてないフレームの裏側に下のように木工ボンドを塗り、

フレームを立てて、ボンドの付いた面と角棒をぴったりあわせて四角柱を作ります。

ボンドが乾くまでの間に

大きめの板の真ん中部分に一回り小さい板をボンドで貼って、予め取っ手を付けておきます。
小さめの板が数枚ある場合は段々になるように重ねて貼りつけてください。

そしてボンドが乾いてフレームが固定出来たら、上の部分にボンドを塗り

先ほど加工した取っ手付きの板を均等に乗せて固定します。

下部分も同じくボンドで固定します。

これで形は完成!

でもこれだけだとちょっと味気ないので、少しだけ汚して古っぽくエイジング加工してみましょう。

やり方はキメの細かいスポンジに白系のペンキを少し付けて、縁を中心に軽くポンポンと叩いて色を乗せていきます。

その後すぐ濡れた布でふき取るようにしてぼやかしていくだけ。

これでシャビーでレトロなランタンの完成です!

中にはドライフラワーやキャンドルなど、お好きなモノを飾ってみてください。

火を灯しても素敵だけどずっとつけておくと危ないので、SNSにUPする時用の撮影時だけにしてくださいね♪

ちなみに下は以前ホワイト系で作ったモノです。

この場合は黒+茶色のペンキで縁を汚して、錆び風にエイジング加工してみました。

比較的簡単に出来るので、ぜひお好きな色で作ってみてくださいね。


【あなたにおすすめの記事】
■100均アイテム4つで花を楽しむ癒しのライト
■こんな使い方知らなかった!驚きのつっぱり棒活用アイディア集
■季節を感じる暮らしをしたい!初心者のためのインテリア計画
■ダイソーのフェイクフラワーで作る!おしゃれで簡単「スワッグ」
■色の効果で“なりたい気分”をつくる♪インテリアコーディネート