撮影/YOSHI ©Disney

写真拡大

ディズニー・イースターを開催中(2018年6月6日まで)の東京ディズニーシーは、色とりどりのお花やイースターエッグのデコレーションで彩られています。

【フォトギャラリー30枚】TDSイースター(2018)"おしゃピク" ランチ

晴れた日には、サンドウィッチを外に持ち出して、おしゃれなピクニック= “おしゃピク” 気分でランチを楽しんでみませんか?

期間限定の2種類のサンドウィッチと、ゆっくり食事が出来るフォトジェニックスポットを紹介します。

ディズニーシーで"おしゃピク"ランチの鉄則

注文時に、外で食べる事を伝えよう

レストランのメニューは、通常はプラスチックのトレイに乗せて提供されますが、これは基本的には店舗内で食べるためのもの。

外に持ち出した場合は、お店まで返しに行かなくてはなりません。

テイクアウトをする時には、注文後、商品を受け取る際に、キャストに「お店の外で食べます」と伝えましょう。

すると、持ち運び用の紙製ボックスに入れて提供してもらえます。

これなら、食べ終えた後は近くのごみ箱にポイっとするだけなので、面倒がありません。

あると便利な持ち物は?

紙トレイは片手で持つには不安なつくりなので、マチのついたランチバッグがあると持ち運びに便利です。

紹介するスペシャルセットには、どちらもプラス900円で、ディズニー・イースター限定デザインのスーベニアランチケースを付けられるので、それを購入してもよいでしょう。

一つあると重宝するのが、ウェットティッシュ。

食事前に手を拭くのはもちろん、ちょっとした汚れにもすぐに対応できます。

レジャーシートを敷く時の注意点

ピクニックの定番アイテムであるレジャーシートは、ハーバーショー「ファッショナブル・イースター」の公演時間の一時間前から、メディテレーニアンハーバー沿いで敷くことができます。

"おしゃピク"にはなりませんが、ショーを待ちながら、のんびり座って食事をするのも良いですよ。

シートを敷いたら、荷物だけを置いて出かけるのはNG。

離れる時には必ず一人残るか、キャストに声をかけてくださいね。

それでは、「ニューヨーク・デリ」と「セバスチャンのカリプソキッチン」のスペシャルセットと、それぞれを食べるのにおすすめなスポットを紹介しましょう。

ぷりぷりエビとタラモサラダがベストマッチ! ニューヨーク・デリのスペシャルセット

スペシャルセット

価格:¥1,150

販売店舗:ニューヨーク・デリ

・シュリンプとタラモサラダのサンド(エッグ入り)
・フレンチフライポテト
・ソフトドリンクのチョイス

ニューヨーク・デリのスペシャルセットの主役は、ピンク色のバンズが可愛いサンドウィッチ。

エビ、タラモサラダ、レタスや輪切りのきゅうり、チーズやタルタルソース、イースターらしく小さなタマゴをサンドしています。

スパイスの効いたぷりぷりのエビと、クリーミーなタラモサラダの相性は抜群!

他に、ポテトとソフトドリンクがつきます。

意外とスッと座れるウォーターフロントパークがおすすめ

ウォーターフロントパークには、お花でデコレーションされたフォトスポットがいくつも設置されています。

大きなポスターやバナーも飾られ、「ディズニー・イースター」の雰囲気を思いっきり感じられる場所です。

可愛い写真を撮りたい人でいつでも賑わっていますが、長居する人は少なく、ベンチの数も多いので、座る場所に困るということはないでしょう。

レストラン櫻裏のベンチは穴場スポット

レストラン櫻とリバティ・ランディング・ダイナーの間を入っていくと、奥の開けた場所にベンチが設置されています。

ここは、来ようと思わなければ通らない場所なので、いつ来ても混んでいることがありません。

遠くにプロメテウス火山を望みながら、静かにゆっくりと食事が出来る穴場スポットです。

やわらかチキンとふわふわタマゴがやみつきに! カリプソキッチンのスペシャルセット

スペシャルセット

価格:¥990

販売店舗:セバスチャンのカリプソキッチン

・ローストチキンとエッグサラダのBBQソースサンド
・フレンチフライポテト
・ソフトドリンクのチョイス

黄色のバンズが春らしいサンドウィッチ。

やわらかく大きなローストチキンの上に、たっぷりとエッグサラダが乗った、「親子サンド」です。

甘いBBQソースは、サイドメニューのポテトにつけても美味しいですよ。

セバスチャンのカリプソキッチンのあるマーメイドラグーン内は、照明が暗めで、料理やセルフィーを綺麗に撮るのが難しい場所。

外に持ち出せば、サンドウィッチのバンズの色も綺麗な黄色に写ります。

アリエルのグリーティンググロット沿いのベンチがおすすめ

おすすめスポットは、マーメイドラグーンを出てアラビアンコースト方面に渡った通りのベンチ。

「アリエルのグリーティンググロット」沿いに、綺麗なお花が咲いている、花壇のすぐそばに座れます。

正面のマーメイドラグーンを写しても良し、背後の花壇を写しても良しで、いろんなパターンの写真が撮れますよ。

それぞれのサンドウィッチの包み紙は、食べている姿が花束を持っているように見えるデザイン。

フォトプロップスとしても使える可愛いサンドウィッチで、"おしゃピク"ランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります。