イマドキのスマホゲームの「課金」はいくら? 人気の「FGO」「ディズニーツムツム」でチェックする

写真拡大 (全5枚)

iPhone、iPadやAndroidスマートフォン、タブレットの普及により、
・iOS向けのApp Store(アップストア)
・Android向けのGoogle Play(グーグルプレイ)
など、それぞれのアプリ市場マーケットも大きくなった。
各アプリストアには、200万〜300万ほどのアプリが配信されているといわれている。

そんなスマホ向けアプリの中でも、活気があるのがゲームのアプリ市場だ。

「ファミ通モバイルゲーム白書2018」での
「2017年 モバイルゲーム課金売上ランキング TOP10(国内)」を見てみると、
1位 モンスターストライク(1041億円)
2位 Fate/Grand Order(896億円)
3位 パズル&ドラゴンズ(473億円)
4位 LINE:ディズニー ツムツム(303億円)
5位 ドラゴンボールZ ドッカンバトル(278億円)
6位 アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(226億円)
7位 グランブルーファンタジー(209億円)
8位 実況パワフルプロ野球(172億円)
9位 白猫プロジェクト(149億円)
10位 ポケモンGO(143億円)
※出典『ファミ通モバイルゲーム白書2018』(集計期間:2017年1月1日〜10月3日)

1位 は、モンスターストライクで、約1041億円も売り上げている。
これを家庭用ゲーム機で達成しようとしたら、1本1万円のゲームを1000万本も売らなければ達成できない。

そう考えると、上記のランキングに名を連ねるスマートフォン向けのアプリゲームやソーシャルゲームの売上金額が、いかにとんでもない数字なのか、分かるだろう。

現在のスマホ向けソーシャルゲームでは、もっとも重要視されているのが、
ユーザー(利用者)に課金させることだ。
このため、アプリ開発会社は、さまざまな工夫を施している。

一方、ユーザー側にとってスマホゲームの「課金」は、大きな問題を抱えている。
子どもが親の知らない間に課金をしてしまうという問題だ。

特に親が、
・ゲームにまったく興味がない
・ゲームをしない
・ゲームを知らない
といったケースでは問題が深刻化する。
子どもが、親のスマホを使ってゲーム課金で大金を使っても、親がゲームで使われているとは気が付かないケースがあるからだ。

親にとって、子どもがゲーム課金していると知らなければ、
・課金行為を止める
・課金料金を制限する
といった対応もできない。

そこで、今回は、上記のランキングにも登場している人気ゲーム2つの課金について解説する。


■Fate/Grand Order(FGO)
Fate/Grand Orderには、アプリ内で購入できる「聖晶石」というアイテムがある。
この「聖晶石」を使って「サーヴァント」を召喚できる。
そして召喚した「サーヴァント」を自分のパーティに加えて戦っていくゲームなのだ。

この「サーヴァント」の召喚が、いわゆる「ガチャ」というものだ。
「ガチャ」では、強いキャラ、弱いキャラ、人気があるキャラ、人気がないキャラなど、ランダムに召喚される。

この「ガチャ」に使われる「聖晶石」の入手が課金対象となる。

・1回のガチャで消費する「聖晶石」は、3個
・10回(10連)のガチャで消費する「聖晶石」は、30個

この「聖晶石」は、ゲーム内ボーナスとして無償でも獲得もできるが、数は少なく、ゲームを進めるには、課金して「聖晶石」を大量の入手、つまり追加購入しなければならなくなる。

このゲームでは、初回の購入や毎月1日以降の購入で、
「年齢認証」
の画面が立ち上がり、年齢により使える金額を制限しいている。


「聖晶石召喚」の画面(上)と「年齢認証」の画面(下)



「聖晶石」は1個から最大167個までが1回で購入できる


「聖晶石」の追加購入は、
・1個120円
・最大で167個9,800円
が可能だ。

また「聖晶石」は、「ガチャ」以外にも、
・所持できるキャラクターや装備の枠を増やす
・アイテムと交換する
・AP(スタミナのようなもの)を回復する
・コンテニュー時に利用する
といったことにも使える。


■LINE:ディズニー ツムツム
ディズニーのキャラクターをモチーフにした人気パズルゲームだ。
ツムツムでは「ルビー」というアプリ内で購入可能なアイテムがある。

ゲーム上での通貨は、基本的に「コイン」を使う。
先述のFGOと同様に、「ガチャ」にあたるのが
・「ハピネスBOX」
・「プレミアムBOX」
で、この2つでキャラクターを引き当てることができる。
ほかにも、高得点を狙うための「アイテムセット」もコインを使って購入できる。

「ルビー」は、この「コイン」に変換できる有料のアイテムとなるのだ。


「ルビー」は20個から最大800個まで購入でき、コインに交換できる



「コイン」を利用してキャラクターを引き当てるほかに、ゲームで有効なアイテムを獲得できる


「ルビー」は
・20個240円
・最大で800個6,800円
まである。
「ルビー」10個が「コイン」6000枚分に交換できる。
「ルビー」250個で「コイン」が195,000枚手に入るというわけだ。

FGOに比べて単位が大きいのは、
1回の「ガチャ」が1万、もしくは3万コイン必要となるからで、その分、単位も大きくなっている。

もちろん、「FGO」や「ツムツム」のいずれも、課金することなくゲームを進めることは可能だ。
しかし、課金アイテムを利用することで、
・有利にゲームを進めることができる
・自身のキャラクターやパーティを早く強化できる
というメリットがあるのだ。

そのため、ゲームをより楽しむために、課金をしたがるようになるというわけだ。

現在のソーシャルゲームでは、子どもの利用に一応の配慮はしている。
しかし、年齢認証なども、突破しようと思えばできなくはない。

子どものゲーム課金を管理するためには、子どもがプレイするゲームを知ることは必要ともいえるだろう。


2106bpm