6位タイで1次予選を突破したミナミ・レボノウィッチ(写真は2016年センチュリー21レディス)(撮影:米山聡明)

写真拡大

<2018年度プロテスト第1次予選・D地区 最終日◇6日◇烏山城カントリークラブ(栃木県)>
6日(金)、2018年度プロテストの第1次予選・D地区最終日の競技が行われた。トータル8オーバーの5位タイからスタートしたミナミ・レボノウィッチ(米国)は、2バーディ、5ボギー・1ダブルボギーの「77」とスコアを伸ばすことはできなかったが、トータル13オーバーの6位タイと踏ん張り、18位までの選手に与えられた第2次予選への進出権を獲得した。

成田美寿々、川岸史果らトッププロを指導する井上透氏に師事し、プロゴルファーへの道を歩むレボノウィッチ。日本人の母とアメリカ人の父を持つ美人ゴルファーが、プロへの第一関門を無事突破した。
トップ通過はトータル5オーバーの井上莉花。2位は6オーバーのハナー・チャン(台湾)、3位に7オーバーで井上侑美が続いた。
4地区で行われる第1次予選通過者は、6月に2地区で行われる第2次予選を受験。上位者が7月に兵庫県のチェリーヒルズゴルフクラブで行われる最終プロテストに進む。最終的に20位タイまでの選手が合格となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

プロテスト第1次予選・D地区 最終成績
ミナミ・レボノウィッチ プロフィール
スタジオアリス女子オープン 暫定成績
ステップ・アップ・ツアー第2戦 最終成績
マスターズ 初日の成績はこちら