北朝鮮・金正恩氏が訪中 習主席と会談(KCNA/UPI/アフロ)

写真拡大

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が3月下旬の中国の習近平国家主席との首脳会談で、「トランプ米大統領は我々(北朝鮮)に何を求めているのか?」「中国は米軍が我が国に軍事侵攻しようとした際、助けてくれるのか?」などと再三にわたって、習氏に詰め寄っていたことがわかった。

 習氏は「朝鮮半島の平和的環境を維持することは重要であり、中国は朝鮮半島問題に関して引き続き建設的な役割を果たしていきたい」と応じて、北朝鮮を支援することを約束した。米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」が明らかにした。

 習氏は支援の条件として北朝鮮に対し、核実験や大陸間弾道ミサイル発射実験などの核開発を中止すること、中国に対する誹謗中傷をやめることなどを要求。このうえで、習氏は北朝鮮との国境に位置する中国・新義州に中朝経済開発区を創設するほか、対北経済支援の再開も了承したという。

●朝貢外交

 今回の首脳会談は明らかな朝貢外交だった。「中国は米帝国主義の走狗(犬)」などと最大級の対中非難を繰り返していた北朝鮮が、手の平を返して中国を礼賛し、あろうことか金氏が習氏を「兄貴」と呼んだからだ。これは北朝鮮の国営メディアである朝鮮中央通信が報じた、3月26日の習氏主催の晩さん会における金氏の挨拶全文を読めば明らかだ。

 はじめに金氏は、今回の中国訪問は金氏が要請したことを明らかにしている。「朝中両国関係を代を継いで立派に継承・発展させる一念を抱き中華人民共和国を電撃的に訪問しました」として、金氏が自分の都合で「電撃的に訪問」したにかかわらず、習氏は「党と国家事業を導く多忙ななかでも自ら時間をつくって」、金氏ら一行を受け入れたと明かしたのだ。そのうえで、金氏は「我々を真の兄弟のように熱烈に歓待してくださっている尊敬する習近平総書記同志と彭麗媛女史に心から謝意を表します」と習夫妻に丁重にお礼を述べている。しかも、このなかで「真の兄弟のように」という表現で、金氏自身が習氏よりも下位の「弟」であることを認めてもいるのである。

 このあとにも、金氏は「兄弟」という言葉を使っている。「川一つはさんで接する兄弟的隣人である両国」との表現で、北朝鮮は中国にとって「弟」であることを認めている。北朝鮮の最高指導者である金氏が、北朝鮮は中国の従属的立場にあることを明言するのは初めてであり、極めて異例。さらに、これを北朝鮮の国営通信社である朝鮮中央通信が報じていることから、金氏は「自分は習近平主席の弟分」であると宣言しているようなものだ。

 これはほんの3カ月前まで考えられない。まさに、朝貢外交そのものとしかいいようがない事態である。つまり、金氏は米朝会談に臨む前に「中国カード」を手に入れて、自身の身の安全を確保するために「電撃的に訪中」して、核兵器開発などの中止を受け入れたのである。これが、金氏の習氏に対する貢物(みつぎもの)だったわけだ。

●訪中自体は大成功

 それならば、習氏から金氏への返礼は何かというと、その一部は、すでに大きな話題になっているように、1本2000万円以上もするという最高級茅台酒である。金氏は晩さん会の挨拶の最後で、「尊敬する習近平総書記同志と彭麗媛女史の健康と幸福を祈念し、出席されたすべての同志の健康のため、乾杯を提案したいと思います」と述べて、乾杯の音頭をとったが、その際に飲み干したのがこの最高級茅台酒だった。

 米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」によると、この茅台酒は1960〜80年代産の限定版ブランド「矮嘴(ウェイズェイ)」で540ml入り。もうすでに生産されておらず、在庫もほとんどないことから、オンライン・ショッピングモールでは1本128万元(約2170万円)の値段がついている。小さいコップ一杯分が10mlとしても、それだけで40万円もする代物だ。

 中国側は金氏一行に「矮嘴(ウェイズェイ)」を数本プレゼントしたほか、ほかの高級茅台酒やブランド物の高級酒、高級ブランド時計、高級タバコなどなど、数々の高級品を持たせて返したという。金氏が21輌編成のお召列車できたのも、中国からの大量のお土産を期待していたためとの見方も出ているほどだ。

 いずれにせよ、今回の電撃訪中によって、金氏は中国の後ろ盾を得て米朝首脳会談に臨む環境を整えることができたわけで、訪中自体は大成功との見方が一般的だ。
 
 一方の習氏にとっても、朝鮮半島情勢をめぐる一連の首脳会談が決まるなかで、中国は蚊帳の外とみられるなか、南北首脳会談や米朝首脳会談が行われる前に、いち早く中朝首脳会談を行ったことで、「北朝鮮カード」を手に入れることができたのは外交上極めて重要なファクターとなった。しかも北朝鮮の「兄貴分」として、金氏への大きな影響力を手にしたことは中国外交の本領発揮といえ、中国の存在を大きく誇示したかたちとなったのは間違いない。
(文=相馬勝/ジャーナリスト)