起きたての気分で“ふんわり”か“シャッキリ”か。
早起きのための美味しい習慣!「朝活」で使いたいパンのお店、サラダのお店まとめ。

新生活が始まりました!「何は無くとも朝から目がぱっちり。。」「ちょっぴり大人になったし、朝から行動したい。」そんな方には外で朝食をとる“朝活”がオススメです。朝が弱いあなたも、美味しいご飯のために布団から出てみましょう!“パリもちパン”か、“シャッキシャキサラダ”か、その日の気分に合わせて使いたい、新しい一日を始めるのにぴったりな3店です。

1.プ口テニスプレーヤー・伊達公子さんのベーカリ一〈FRAU KRUMM BREAD & COFFEE〉/恵比寿

実は大のパン好きという伊達公子さん、自身が現地で体験してきた、焼きたてのドイツパンとコーヒーで過ごす至福の時間を提案している。一番のおすすめは、ドイツ産のオーガニック小麦を使った「プレッツェル」。伊達さん厳選の豆で淹れるオリジナルプレンドとともに、くつろぎのひとときを。

パンのお供にスペシャリティコーヒー専門店〈HORIGUCHI COFFEE〉のコーヒーを販売。伊達さんもふらりと訪れては、コーヒーとパンで寛いでいくそう。

左「ラウゲンクロワッサン」300円。ラウゲン溶液を染み込ませてこんがり香ばしく焼いたドイツパン。
右「プレッツェル」180円。

「シュトロイゼルクーヘン」180円。自家製カスタードを使用。(各税込み)

(Hanako1128号掲載/photo:MEGUMI(DOUBLE ONE),Shinichi Yokoyama,Youichiro Kikuchi,Yuko Moriyama text:Etsuko Onodera,Wako Kanashiro)

2.ビストロのサラダを朝から味える〈Blanc〉/虎ノ門

フレンチのシェフが作る肩肘はらないビストロ料理と、ベーカリーシェフが焼き上げる自家製パンで大注目のパンビストロ。「高知野菜のリヨン風サラダ」980円(税込)は高知直送の西洋野菜を使ったランチメニューで、自家製の蜂蜜ビネガードレッシングがやみつきに。

3.billsの新名物パワーサラダ〈bills〉/銀座

大きな窓からは朝日がたっぷり注ぐ。

ランチタイムのイチ押しは、10種以上の野菜を盛り合わせた「チョップサラダ」1,600円。ビーツ、トマト、インゲンなど、色とりどりの旬野菜をひと皿に。かりっと素揚げしたヒヨコ豆をアクセントに加え、素材の食感と滋味を堪能させる。アボカド(+400円)などトッピングもそろいカスタムメイドの楽しみも。

(Hanako1123,1134号載/photo:Tetsuo Kashiwada, Yusei Fukuyama, Yuko Moriyama, Megumi Uchiyama, Noriko Yoneyama text:Alice Saito, Etsuko Onodera, Ayano Sakai)