画像提供:マイナビニュース

写真拡大

財務・会計サービスや経営情報サービスの開発・販売を行うミロク情報サービス(MJS)は9日より中小企業、小規模企業や個人事業主を対象にクラウド型自計化サービス「かんたんクラウド会計」、「かんたんクラウド給与」の販売を開始する。

新ブランド「かんたんクラウド」は、小規模事業者や個人事業主を主な対象に、月額利用料で最新機能が提供されるクラウド提供の形を採る。ブラウザのみでソフトのインストールが必要無いため、場所を選ばないクラウドの利点を活かせるものだ。業務全てを会計事務所や税理事務所にまる投げするのではなく、自身の手でできる限り行うことで、経営状況を把握しながら先へと進む"自計化"を推進できる。

「かんたんクラウド会計」は、国内約83%の銀行、信用金庫に対応する取引データ連携、領収書やレシートのデータ取り込みや自動仕訳など日々の会計業務の効率化に加え、監査や申告など会計事務所との連動も大きなメリットになる。同社は会計事務所向けにERPシステム「ACELINK NX-Pro(エースリンクエヌエックスプロ)」を提供するが、約8,400の会計事務所ユーザーとシームレスな連携も大きな特徴のひとつ。設定・確認から監査・申告までかんたんクラウドで会計事務所と連携する。「かんたんクラウド給与」は給与計算、賞与計算や社会保険、年末調整など給与業務効率化を同様にクラウド提供で効率化するもの。法令や税制など制度改正に慌てて対応することなく最新の情報に対応した経営戦略も可能になる。

なお同社がこれまで提供していた「記帳くんCloud」ユーザーは9日より手続き無しで「かんたんクラウド会計」へと移行できるようになる。