米J&J、ベビーパウダー関連がんリスク訴訟で敗訴

写真拡大

[5日 ロイター] - 米ニュージャージー州ミドルセックス郡の上級裁判所の陪審は5日、米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン<JNJ.N>のベビーパウダーの原料タルク(滑石)に含まれるアスベストが原因で中皮腫を発症したと男性が訴えていた裁判で、男性の訴えを認めてJ&Jに補償的損害賠償3700万ドルの支払いを命じる評決を下した。同社にとってタルク関連の裁判では初めての敗訴。

陪審は、賠償責任の70%はJ&Jに、残りの30%はタルクの供給元である仏工業用ミネラル大手イメリス<IMTP.PA>にあると判断した。

裁判をオンラインで放送したコートルーム・ビュー・ネットワークによると、陪審は10日、J&Jに懲戒的損害賠償を求めるかどうかを決める審理を進める。

J&Jは原告側の申し立てを否認し、同社のベビーパウダーにはアスベストは含まれておらず、がんを引き起こすことはないと反論した。同社を相手取ったタルク関連の訴訟は全米で6610件に上る。女性ユーザーに製品使用に伴う卵巣がんの発症リスクについて警告するのを怠ったとする訴えが大半を占めている。