4月7日(土)10時、東京・新宿の新宿マルイ本館1階に、アップルの直営店「Apple 新宿」がグランドオープンします。オープン当日には記念品として、Tシャツとピンバッジのプレゼントも用意されるとのこと。大いに盛り上がりそうです。

新宿通りを挟んで伊勢丹も目の前という好立地にオープンするApple 新宿。

グランドオープン記念にプレゼントされるオリジナルのTシャツとマグネット式のピンバッジ。

東京では銀座、渋谷(現在休業中)、表参道に続く4店舗目。幅37メートル全面ガラス張りの開放的な店舗の正面に、6Kの大きなディスプレイがトレードマークになっています。『iPhone』『iPad』、『MacBook』やそのアクセサリーの販売やセットアップ、修理の受付などのほか、Apple 新宿ではこの大きなディスプレイを使った無料のセッション(講座)も開催。たとえばiPhoneを使った写真撮影や編集、ビデオクリップ作成から、iPadやApple Pencilを使ったアートやデザイン、オリジナルのサウンド作り、プログラミング、さらには子供向けや学校の先生向けまで、とにかくたくさんのセッションが毎日のように開催される予定で、オンラインで予約すれば誰でも参加できます。

最新の『iPhone』や『iPad』、『MacBook』などがたくさん用意されていて、自由に試せます。

壁にはまるでアーケードのように、アクセサリー類がずらり。iPhoneケースの種類も豊富。

スピーカーやヘッドフォンも充実のラインアップ。実際に試すことができます。

『iPhone』や『iPad』とつながるヘルスケア製品やデジタルトイなどもあります。

『Apple Watch』の新作バンドも販売。実際に腕に合わせてみることができます。

App StoreアプリとApple Payを使って、セルフ決済をすることも可能!

無料セッションにご注目を!

オープン前に開催されたメディア向けの内覧会では、「Clips」という動画編集アプリを使ったセッションを体験することができました。アプリのインストールからていねいに教えてくれるので、初めてアップル製品に触れるという人でもまったく問題なし!もちろんすでにユーザーであれば、自分のiPhoneやiPadを持って参加することもできます。内覧会ではお試しということでごく短いセッションでしたが、いろいろな機能を試しながら、見事BGM付きビデオクリップを作ることができました。写真のセッションでは新宿のネオンを撮影に出かけたり、子供向けには3日間にわたるサマーキャンプも。もちろん、ビジネスに役立つセッションも用意されています。

ロボットを使って楽しく学べる、プログラミングのセッションも用事されています。

自分の「家紋」をデザインできる日本独自のスペシャルセッションも開催予定。

これらのセッションは銀座や表参道など他の直営店でも開催されていますが、街の広場のような場所にとの思いを込めて設計された、開放的な雰囲気のApple 新宿なら、さらに気軽に参加できそう。新宿マルイ本館は新宿三丁目駅直結とアクセスも抜群なので、会社帰りにぜひ立ち寄ってみてください。