新しい時代の日本の雇用社会において意識すべき点とは(撮影:今井康一)

4月から新社会人となった皆様、おめでとうございます。また、この時期は異動する人、仕事を変える人、独立する人など、さまざまな動きがある時期ですね。今回は、これからの時代の日本で働くということの意味を、労働法の視点を踏まえてお話ししたいと思います。


この連載の一覧はこちら

これまで、日本企業は、昭和の高度経済成長期を経て、長期安定雇用と引き換えに会社に身を捧げる日本型雇用システムを形成してきました。これは、終身雇用・年功序列などを特徴とするもので、人口増、経済成長が大前提となってはじめて成り立っていました。

良い大学を出て、良い会社に就職し、結婚し、子どもをもうけ、家を買い、昇進し、定年まで勤めて、後は悠々自適に、という良い意味でステレオタイプな人生像は、特殊な前提がなければ成立しない「人生ゲーム」でした。

良い企業に入ったらそれで終わりではない

しかし、今後はそうはいきません。不確実性が高まっている現代では、ビジネスにおいて「どの分野がどう伸びるか」「どの分野が廃れるか」ということは、時代の変化が早すぎてわかりづらくなっています。今の企業が20年後、30年後にどうなっているかなんて誰にもわかりません。

経済産業省もこうした問題を意識し、2017年11月に人材力研究会(「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」)を立ち上げました。そして、2018年3月の報告書の中では、今後重要になる力について、「個人」が、自らの問題意識で、学び、働くことを通じて、自らの「羅針盤(GPS)」をもってキャリアを構築していくことだと指摘しています。

つまり、道の決まっている人生ゲームに、誰もがサイコロを振って、会社の指示に従いながら同じようなルートを進む生き方ではなく、それぞれの羅針盤(GPS)に従って、主体的に進んでいく意識が必要ということです。人材力研究会は、その時に必要な力を「社会人基礎力」と定義しており、これは「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されるとしています。

「社会人基礎力」は、学校では教わらず、職場でもまれるうちに自然と身に付く能力ですが、このことを早いうちから意識して仕事をすると、職場で求められる能力を明確にし、意識的なキャリア形成ができるでしょう。


「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として2006年から提唱されている。(出所:経済産業省)

新卒の皆さんはもちろんのこと、すでに社会の先輩として活躍している方も、ぜひ自分の身に当てはめて考えてみてください。では以下、具体的な内容を見てみましょう。

社会人基礎力という視点を持つことの重要性

1 前に踏み出す力

主体性(物事に進んで取り組む力)
働きかけ力(他人に働きかけ巻き込む力)
実行力(目的を設定し確実に行動する力)

まずは「前に踏み出す力」です。受け身ではなく、自ら進んで物事に取り組み、周りを巻き込み、実際に行動するという姿勢は重要です。最初の内は言われたことをこなすので精いっぱいでしょうが、徐々に余裕が出てきたときに「それ、やっときましょうか」と徐々に仕事を増やしていくと、周りの信頼を得ることができます。また、プロジェクトを進めるときも、いかに多くの人を巻き込んで協力してもらえるかが成功のキモとなります。

筆者が弁護士として労働裁判を扱っていると、この「前に踏み出す力」を失った人に関するものが多く見られます。言われたことしかやらない人、1人では仕事ができるが、プロジェクトメンバーを動かせず、チームとしての成果が出せない人、会議で意見はするが決して自ら実行することはない人など……。こうした人は、やがてモチベーションが低下し、そのうち言われたこともできなくなり、最終的にパフォーマンス不足として解雇されてしまうのです。

ここで言いたいのは、このような解雇が法的に有効か無効かという話ではありません。そもそも会社から解雇の対象として検討されることがないよう、社会人基礎力という視点を持っていただきたいということです。

2 考え抜く力

課題発見力(現状を分析し目的や課題を明らかにする力)
計画力(課題の解決に向けたプロセスを明らかにし、準備する力)
創造力(新しい価値を生み出す力)

次に、「考え抜く力」。今担当している仕事の課題を発見し、それを改善するための計画を立て、まったく新しい視点の価値を出すことができれば、それはすばらしいことです。課題の発見は、何も難しい技術やプロジェクトの話だけではありません。たとえば「今の職場が汚いのはなぜか?」といった身近なことでも構わないのです。こういった課題を発見し、計画を立てて改善していく姿勢があれば、それは何事にも通用するでしょう。

この「考え抜く力」を失ったケースも、労働紛争で問題になりがちです。仕事に慣れた頃に現状に甘んじてしまい、スキルアップを怠った結果、そのスキルが不要とされる頃には別の仕事をアサインすることもできなくなってしまう例、部下に対して課題は指摘するが、計画自体に無理があり結果として無理強いしてしまうパワハラ事例などが散見されます。これらの紛争ケースを反面教師として、つねに「考え抜く力」を持つように意識してみてください。

3 チームワーク

発信力(自分の意見をわかりやすく伝える力)
傾聴力(相手の意見を丁寧に聴く力)
柔軟性(意見の違いや立場の違いを理解する力)
状況把握力(自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力)
規律性(社会のルールや人との約束を守る力)
ストレスコントロール力(ストレスの発生源に対応する力)

3つ目は、「チームワーク」です。チームで仕事をするうえでは、自分の思いをハッキリと述べ、相手の意見も聞き、柔軟に自説に固執せず、現状を把握しながら働くことが重要です。

人前で話すのが苦手という方はぜひ「トーストマスターズ」に行ってみてください。これは、アメリカ発のパブリックスピーキングとリーダーシップを学ぶ世界的ネットワークで、日本全国にクラブがあります。筆者自身も2年ほど通っていました。

自分の意見を述べられるかどうかは、ハッキリ言って慣れです。場数をこなせば誰でもできるようになります。たくさんの人の前で話すことが上手になれば、ミーティングや商談もうまくできるようになります。また、自分の気持ちを伝えるには相手の意見も聞かなければなりませんし、状況によっては先程自分が述べた意見も撤回することが必要です。

さて、この「チームワーク」を失った人の紛争事例はどのようなものでしょうか。自分の思いを明確に伝えられず、「会社はわかってくれない!」と担当業務や評価に不満を持つケース、相手の意見を聞かずに強引に仕事を推し進めて協調性不足とされるケース、自説にこだわり間違いを認められずにプロジェクトの引き際を見つけられず、会社に損失を与えてしまうケースなど多数あります。これらの力を失っていないだろうか、と自ら問いかけ、また他者に尋ねる姿勢を持つことが重要でしょう。

人間関係については我慢しすぎない

最後に、現代で特に重要となるストレスコントロールとの関係について述べておきます。ストレスによりメンタル不全となり仕事ができなくなってしまう話は少なくありません。ストレスから解放されるには、ストレス発生源から離れ、根本原因を解消することしかありません。つまり、嫌な仕事から離れるか、嫌な人間から離れることです。

特に人間関係については我慢しすぎないでください。会社に働きかけて部署や仕事を変えてもらえなければ転職も視野に入れましょう。よく、「社会人になったら3年頑張れ」などと言われますが、命の危険を感じた場合にはすぐに逃げてください。

以上、新しい時代の日本の雇用社会において意識すべき点について述べました。一度雇用してしまえば、会社は個人の面倒を見ることが当然であるという発想は、もはや受け入れ難いものとなっています。会社が用意した仕事をこなせば給料がもらえて当たり前という感覚では、長い社会人生活で自分の立場を維持し続けることはできません。主体的に自分自身の状況を内省し、個人のスキルアップを図り、上司や部下、同僚などから評価をしてもらう思考や行動は何かを考えることが、ますます求められていくでしょう。