画像提供:マイナビニュース

写真拡大

大日本印刷(DNP)は4月6日、企業の活動の歴史をたどった“企業年表”の情報をタブレット端末やデジタルサイネージなどにグラフィカルな表示ができる「DNPデジタル年表システム」を開発し、2018年4月に提供を開始すると発表した。

「DNPデジタル年表システム」は、“年表データ登録・管理アプリ”と、マルチデバイスでの最適表示を行う“デジタル年表ビューワ”の2つのソフトウェアで構成。企業の担当者は、システムを設置する拠点ごとに表示する言語やコンテンツを登録・設定し、使用するデバイスに合わせて最適な形式で表示することが可能だという。

年表データ登録・管理アプリでは、文字や画像、動画のデータ登録や登録データの修正・削除、使用言語の設定、表示する機器を設置した拠点ごとのコンテンツの切替などの操作が行える。

デジタル年表ビューワは、iPadやAndroidタブレット端末、PC、大型のデジタルサイネージ等のさまざまな形式に対応し、マルチデバイスで最適な表示を行う。また、Windows10に標準対応しているさまざまな言語での入力と表示に対応する。

参考価格は初期費用1,500万円〜(税別)。

DNPは、企業のショールームや歴史施設等での展示、社員教育向けなどに「DNPデジタル年表システム」を提供するほか、関連するコンテンツ制作や社史データのコンテンツ管理システム「デュアルシーブ」、デジタルサイネージなどへの配信管理ソフトウェアなどと合わせて2020年までに売上5億円を目指す。