<マスターズ 初日◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
現地時間5日(木)に幕を開けた、海外メジャー初戦「マスターズ」。全選手がこの日の競技を終え、ジョーダン・スピース(米国)が6アンダーで単独首位に立った。

スピースは後半13番から5連続バーディを奪うなど、1イーグル・7バーディ・3ボギーの「66」をマークして首位発進を決めた。
2打差・2位タイにはトニー・フィナウとマット・クーチャー(ともに米国)、首位と3打差・4位タイには、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)ら7人が入った。
4名出場している日本勢では、小平智が1アンダー・16位タイで最上位。2番手には1オーバー・29位タイの松山英樹となっている。池田勇太は4オーバー・62位タイ、宮里優作が5オーバー・73位タイで初日を終えた。
ディフェンディングチャンピオンとして参戦のセルヒオ・ガルシア(スペイン)は、15番パー5で池に落として「13」を叩き、9オーバー・85位タイと下位で2日目へ。
タイガー・ウッズ(米国)は3バーディ・4ボギーの「73」でフィニッシュ。1オーバー・29位タイ発進となった。
【初日の順位】
1位:ジョーダン・スピース(-6)
2位T:トニー・フィナウ(-4)
2位T:マット・クーチャー(-4)
4位T:ヘンリック・ステンソン(-3)
4位T:アダム・ハドウィン(-3)
4位T:パトリック・リード(-3)
4位T:リー・ハオトン(-3)
4位T:ローリー・マキロイ(-3)
4位T:チャーリー・ホフマン(-3)
4位T:ラファ・カブレラ・ベロ(-3)
16位T:小平智(-1)
29位T:タイガー・ウッズ(1)
29位T:松山英樹(1)
62位T:池田勇太(4)
73位T:宮里優作(5)
85位T:セルヒオ・ガルシア(9)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「キャリアで初めて…」2017年覇者 セルヒオ・ガルシアが悪夢の1ホール『13』叩き
「マスターズ」のリーダーボード
交渉成立!長男の宮里聖志の後押しで宮里藍が宮里優作のキャディを務めた!
飛ばし屋トニー・フィナウにアクシデント エース達成の喜びつかの間…
【マスターズ フォトギャラリー#1】松山英樹、タイガー・ウッズがオーガスタで調整!