昭恵夫人に離婚を提言する寂聴さん

写真拡大

 京都・嵯峨野。桜を求める観光客の喧噪も届かないほど奥まった場所に「寂庵」はある。門をくぐり、草木が生い茂る庭の石段を上った先で笑顔で迎えてくれたのは、その寺院の庵主、瀬戸内寂聴さん(95才)だ。

 新聞や週刊誌は隅々まで目を通し、政治、経済から芸能スキャンダルにまで精通する。元外交官の小池政行さん(67才)が、瀬戸内さんが今の世の中に抱く思いに迫った。

──実は私は、成蹊中学・高校の出身で、安倍晋三首相の先輩にあたります。2度も首相の座について、長期政権を築いた安倍首相が、今揺れています。森友問題、特に首相夫人の昭恵さんのことです。

「とても天真爛漫で、チャーミングな女性ですね。森永製菓の創業者一族に生まれ、“蝶よ花よ”と何不自由なく育てられたんでしょう。だから、とても純粋な心の持ち主なんだと思います。騒動に巻き込まれたのは、キャラメルで甘やかされて育てられ、人を疑うことを知らない昭恵さんの性格もあったかもしれません。

 彼女が使っていた『家庭内野党』という言葉は斬新で、新しい時代の妻のあり方を作り出したと思います。妻は考え方を全部夫に合わせなきゃいけないなんてことはありませんから」

──これまでの日本のファーストレディーのイメージは、“陰で夫を支える”というものでした。

「女性が自分の生き方を前面に出すことはとてもいいことです。でも、昭恵さんが外の世界に目を向けるようになったきっかけは“家庭に満足できていなかったからじゃないか”と思うんです。

 政治家一族には跡取り息子が求められますが、安倍さん夫婦には子供がいません。昭恵さんはそれをすごく気にしているといわれています。彼女には“夫との関係”に満たされない部分があったんじゃないかしら。だから、ますます外に出て行くようになって、そうしたら純粋な性格につけ込まれてしまったんでしょう。

 彼女には確固とした思想があるわけではなく、感覚で生きているところがあります。私も感覚だけだから、昭恵さんのことがよくわかります」

──私は外交官時代に安倍首相の父・安倍晋太郎さんの海外訪問に随行したことがあり、母・洋子さんとも面識があります。昭恵さんは、今回のことで安倍家の中でかなり窮地に追いやられているようです。

「その昔、離婚した女性は『傷物』と呼ばれましたけど、世の中は変わりました。今や離婚歴は『勲章』です。首相夫人という立場だといろいろ考えなくてはならないでしょうけど、“たまたま結婚した相手が首相になった”というだけなの。そう考えれば、ずいぶん気が楽になるでしょう。あんな旦那さまは、今すぐポイしちゃいなさい(笑い)。首相夫人だからとやかく言われることも多く、要するに不自由なんです。昭恵さんは、もっと自由になってもいいのです。

 そうして新しい恋でもすればいいの。若い男性にときめくのもいいものですよ。まだまだいっぱいいるんだから、もっといい男性をさっさと見つけなさいってね。

 でも一方で、相手は取り換えるごとに“質”が落ちるものよ。これは私の経験談(笑い)。女と男って、難しいわよね」

【聞き手・小池政行さん】元外交官。青山学院大学法科大学院客員教授(国際法)。日本赤十字看護大学教授や聖路加看護大学客員教授を歴任した。聖路加国際病院名誉院長だった故・日野原重明さんとの対談をまとめた『医師のミッション 非戦に生きる』(藤原書店刊)などの著書がある。

※女性セブン2018年4月19日号