秋田犬の赤毛は基本3色の中で最も多い毛色

写真拡大

 平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ(15)が5日、公益社団法人「秋田犬保存会」から贈呈される秋田犬を決めた。赤毛で現在生後約50日の雌だという。

 6日から行われるアイスショーの前日練習で訪れた横浜アリーナで、保存会会長で日本維新の会の国対委員長、遠藤敬衆院議員と面会。赤毛の3匹と、白毛と虎毛1匹ずつの写真を見せて相談され、10〜15分間、熟考した末、赤毛の1匹を指名した。

 赤毛である忠犬ハチ公を描いた映画「HACHI 約束の犬」はロシアでも公開され、赤毛の秋田犬は海外で人気が高い。プーチン大統領の秋田犬「ゆめ」も赤毛。ザギトワが平昌五輪前の新潟合宿の際に雑誌で見て一目ぼれした秋田犬も赤毛だった。秋田犬の赤毛は赤褐色に近く、白毛と虎毛を含めた基本3色の中で最も多い毛色。保存会はどの色にするか、ザギトワ側に尋ねていた。

 ザギトワはこの日、赤毛と決めていた様子で、白毛と虎毛の写真はほとんど見ずに赤毛の中でどの犬にするかを迷っていたという。近い将来に“家族”となる犬を決めると、一緒に暮らす生活を想像したようで「楽しみです」と声を弾ませた。写真をプレゼントされ、大事そうにカバンにしまったという。さらに、遠藤氏から赤の首輪と引き綱も贈られ「使います!」と笑顔を見せた。名前はすでに「マサル」とすることに決めている。

 贈呈される犬は5月3日、秋田県大館市で行われる秋田犬の姿形を競う全国大会でお披露目。5月末から6月上旬に、モスクワのスケートリンクで引き渡される予定だ。

 【ザギトワと秋田犬の経緯】

 ▼2月23日 平昌五輪で金メダルを獲得

 ▼25日 「五輪でいい演技をしたら秋田犬を飼うことを考える」と母親が言ったと露メディアが報じる。五輪前の調整で滞在していた新潟で、雑誌に掲載された秋田犬の写真を見て、母親に飼いたいと相談していたと伝えた。その後、秋田犬保存会が雌犬贈呈意向を表明

 ▼3月3日 名前を「マサル」にすると表明

 ▼26日 女の子らしい名前「マーシャ」に変更したと一部報道

 ▼30日 報道を否定し、当初の予定通り名前を「マサル」とすると語る

 ▼4月1日 保存会が外務省を通じ希望の毛色を確認していることが判明