<マスターズ 初日◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
海外メジャー初戦「マスターズ」がいよいよ開幕。松山英樹は1バーディ・ノーボギー・1ダブルボギーの「73」でホールアウト。1オーバーで初日の戦いを終えた。

松山は、2番パー5で2オンに成功するもイーグルパット、バーディパットを決められずパー。その後もパーを並べる展開が続くと、8番の約2mのバーディパットも決められず。9ホール全てパーで折り返すと、後半もパーを並べる展開。そして14番で2打目を大きく左に曲げてダブルボギー。最終18番でようやく約3mを決めてバーディ締め。
松山は一日を振り返り「ティショットがかなり安定していて、良いところから2打目を打てたのですが、その2打目とパッティングが合わせられなかったです」とコメント。ダブルボギーを招いた14番の大きく左に曲げた2打目を振り返り、「風が回り始めた頃で、中途半端な距離でした。結局、8番アイアンで打ったらひっかけてしまった。最初に決めたクラブで打てばよかったですね」と唇を噛んだ。
ただ、最終18番でこの日最初のバーディを奪い、一日を締めくくった。「18番でやっと開幕しましたね。明日から切り替えて頑張ります」と顔を上げた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹の初日をテキストと画像で振り返る!
「マスターズ」をリーダーボードで速報中!
各選手のスタート時間・ペアリングはこちら
マスターズ名場面を振り返る!
松山英樹とマスターズ その歴史を振り返る