イーロン・マスクCEOのジョークで株価が一時急落したテスラ。将来はテスラがどこかに買われるかも(写真:ロイター / アフロ)

米電気自動車メーカーであるテスラの最高経営責任者(CEO)、イーロン・マスクがつぶやいたエイプリルフールのジョークによって、同社の株価は一時急落。またSNS大手のフェイスブックは情報ろうえい問題から政治的スキャンダルに巻き込まれ、ネット通販最大手のアマゾンはドナルド・トランプ大統領とケンカをし、グーグルの傘下にあるユーチューブには銃弾が撃ち込まれました。米国のテック企業に何が起きているのか。草食投資隊が米国株式市場の状況を分析します。

ザッカーバーグの議会証言で米国株価はアク抜けも?

藤野:ユーチューブの本社で発砲事件が起こり、容疑者の女性は自殺するという、非常に後味の悪い結末になりました。原因はともかく、最近は何かとFANG(フェイスブック、アマゾンドットコム、ネットフリックス、グーグル)やMANT(マイクロソフト、アップル、エヌビディア、テスラ)と称されてきた米国のテック企業で、スキャンダルが相次いでいます。


この連載の一覧はこちら

渋澤:イーロン・マスクの「テスラが倒産した」という冗談ツイートね。「自分で言うか!」って思わず突っ込みたくなりましたよね。本人はエイプリルフールのつもりだったのでしょうが、いきなりテスラ社の株価は一時7%も下落しました。創業者も問題ですが、一従業員が同じことをしたら、会社をクビになるだけでなく、場合によっては損害賠償騒ぎになりますよ。

中野:フェイスブック叩きも終わる気配を見せませんしね。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが、4月11日に行われる米下院の公聴会で証言するということですが。

藤野:まあ、公聴会が終わるまでは株価も叩かれるでしょうね。で、公聴会が終われば、早ければ公聴会が始まる前から徐々にアク抜けするというパターンではないでしょうか。その意味では、米国も日本もマーケットの反応は大した違いがないとも言えます。

渋澤:FANG、FAANG(FANG+アップル)など、米国を代表するテック企業の総称にはさまざまなものがありますが、フェイスブック、アマゾン、アップル、マイクロソフト、グーグルのFAAMGで見ると、S&P500の時価総額に占める比率が40%弱にも達します。当然、これらテック企業が躓けば、S&P500はしばらく調整局面入りを余儀なくされるでしょう。

中野:かなりボラタイル(変動率が高い)な相場ですよね。

渋澤:フェイスブックは、これだけ大勢の人が利用している以上、社会的インフラとして存続するとは思いますが、少なくとも成長株として今後も買えるかどうかはわからなくなりました。成長株でなければ、当然、そのプレミアムは株価からはげ落ちますね。

米国の「既存メディア」の反撃の側面も?

中野:冷静な見方をする投資家が増えていくのではないでしょうか。テック銘柄はどれも買われすぎですよ。それにしても、フェイスブックの個人情報流出が5000万人規模って、ケタ違いですね。ちなみに2014年にベネッセコーポレーションの個人情報が流出したときって、どれくらいの人数でしたっけ。

藤野:約3500万人。

渋澤:ベネッセの個人情報流出は氏名、住所、電話番号、性別、生年月日がメインで、もちろんそれはそれで問題ですが、フェイスブックは投稿内容というプライベートな行動などの情報もすべて流出したわけですから、問題の重大さが違うと思います。

藤野:フェイスブックは政治絡みで、トランプ政権の誕生やブレグジット(英国のEU離脱)をめぐる英国の国民投票にも影響したと言われていますからね。事実、2016年の米国大統領選挙期間中、トランプ現大統領にとってポジティブな記事が、熱烈な共和党支持者のフェイスブックには上がってこなかったのに、トランプを支持するかどうかで揺れているボーダー層の人々のフェイスブックに集中的に上がってきたと言われています。

それと同様のことが、ブレグジットでも行われたというのですから、フェイスブックは世論形成に利用されたわけです。ただ、この問題で批判されるべきは、フェイスブックのシステムを悪用した連中であって、フェイスブックだけが責められるのはどうかという同情的な意見もあります。

渋澤:当初からCNBCやCNNのコメントが、フェイスブックに対してかなり辛辣ですよね。それこそ、SNSに押され気味だった既存メディアが、ここぞとばかりに叩いているという感じもします。

藤野:アマゾンに対しても、やっかみ半分でしょうね。でも、トランプ大統領ってわかりやすいなと思ったのが、アマゾンに対してはあれだけ攻撃的なのに、フェイスブックに対しては一切、文句を言わない。ここを突くと、大統領選挙の件でブーメランが飛んでくることをわかっているのでしょうか。

中野:米国も嫉妬の文化があるのですね。

藤野:米国の嫉妬は結構、強烈ですよ。ただ日本と違うのは、単に嫉妬するだけでなく、成功者を称賛する素地もあります。

渋澤:でも、将来の期待感が失われたら、テック銘柄はどうなるでしょうか。イーロン・マスクのエイプリルフール発言なんて、経営者として見れば常識外れもいいところですよね。投資信託会社が、「うちから運用資金が流出してしまって止まらない。倒産だ」と言っているのと同じですよ。

藤野:そのうえイーロン・マスクはフェイスブックに作っていたテスラとスペースXのアカウントを閉鎖してしまいました(参考記事)。

【4月6日13時追記】初出時に「フェイスブックをガンガン非難して、広告を引き揚げるとまで言っています」とありましたが上記のように訂正します。

渋澤:テック企業の間の仲間割れというか、ね。

中野:それは日本のIT業界も同じでしょう。表面上は取り繕っていますが、水面下では殴り合っている。

テスラは評価されすぎだ

渋澤:そもそもテスラの時価総額が、いくら将来の期待を織り込んでいるからといっても、例えばフォード・モーターを追い抜くこと自体がおかしいと思います。モノづくりって、アイデアはもちろん大事ですが、実際にはそれを組み立てる現場のすり合わせが何よりも重要視されます。でも、テスラは確かにEV(電気自動車)の実用化に先鞭をつけて注目されましたが、現状においてもまだ生産が追い付いていません。頭の中のアイデアは大したものですが、実体が伴ってこないのではまったく意味がありません。

藤野:うちのアナリストが昨年、テスラを訪ねたのですよ。そのときの評価は「ヤバイ」でした。当時はまったくモノが作れていない状態で、日本の町工場のほうがはるかに優秀ではないか、あれなら生産が追い付かないのも当然だと、そのアナリストは思ったそうです。

いくら優れた動力源を持つ自動車でも、結局、それを商品として販売して、会社の利益を上げていくためには、ジャスト・イン・タイムで部品をどうスムーズに調達するか、安全かつ手早く組み立てていくか、完成車をどのように流通させていくか、在庫をいかに最適化するかというように、それこそさまざまなすり合わせを行って、初めて製品としての体をなすわけですから、内燃機関のエンジンがモーターに変わり、それが自動車として革命的な技術だとしても、他の要素がダメなら、自動車全体の評価を下げてしまうのです。

あと、渋澤さんが指摘したように、イーロン・マスクがエイプリルフールにつぶやいたジョークは、それを真に受ける人が大勢いたということで、やはり大きな問題です。というのも以前、テスラのIR担当者に会ったとき、その人は「テスラは最高だ。大好きだ」と言っていたのに、最近、辞めていたことがわかりました。これは、不吉な前兆です。

中野:もちろん、だからといってテスラが無価値になるとは思えませんが、長期の調整に入るかもしれません。

藤野:とはいえ、ほかに買える銘柄がないから、テック銘柄はこの調整で、ほどほどに買いやすくなるのではないでしょうか。長期的に見れば、その魅力はまったく剥げていないと思います。ただ、ちょっと傲慢になっていたのは事実ですね。だから、今回のテック銘柄を中心とした一連の騒動は、「少しは大人になれよ」というマーケットの警告みたいなものだと見ています。

日本の「テーマ型ファンド」の問題点とは?

中野:テック銘柄が大きな調整に入る前兆は、日本の投資信託マーケットに表れていたと思います。とにかく、AIやロボティクス関連のテーマ型ファンドが次々に新規設定されて、かなり大きな資金を集めていました。某大手運用会社の経営者なんて、「ロボティクスやAIは長期的なテーマだから、この手のテーマ型ファンドは長期投資に向いている」って豪語していましたからね。とんでもない話です。


企業価値だけでなく、物事の本質を見極める力がある。「草食投資隊」が個人投資家から支持されている理由はここにある(左からセゾン投信の中野晴啓社長、レオス・キャピタルワークスの藤野英人社長兼CIO、コモンズ投信の渋澤健会長)

藤野:1999年、ITバブル真っ盛りのとき、「netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンド」という投資信託が設定されたのは覚えていますか。

中野:懐かしいですね。

藤野:あのファンドって、ITバブルの崩壊によって大きく基準価額を下げて、資金も流出したのですが、この10年について見れば、運用成績は非常に優秀ですし、純資産総額も1000億円を超えています。ロボティクスもAIも、長期的なテーマではあるのですが、関心が長続きしないところに問題があるのではないかと思います。

基準価額が大きく下がると、受益者はファンドを解約してしまう。販売金融機関はなかなか売れなくなるから、売ろうとしなくなる。メディアも取り上げなくなる。もっと言えば、新しいテーマに目を向けさせて、それに関連するファンドを買わせてしまう。結果的に、いくら長期的に優れたテーマに投資するファンドでも、資金がどんどん流出して自然消滅の道をたどることになってしまう。ここを問題視するべきだと思うのです。

中野:いくら長期的なテーマでも、マーケットの動きは別物です。テーマ型ファンドに長期投資するというのは、ありえない話ですよ。

藤野:今回はイーロン・マスクの話が中心になってしまいましたが、彼の今後について想像するに、テスラの株価が暴落したら、恐らくトヨタ自動車が買うかもしれません。トヨタ・テスラになれば、これはこれで強いと思うのです。で、イーロン・マスクは面倒な自動車ビジネスから手を引いて、太陽光発電と高速鉄道、宇宙に自分の関心と経営資源を集中させる。

渋澤:アイデアはもちろん大事ですが、やはりきちんとしたものを作るのは大変なことで、それとテクノロジーをいかに融合させていくかが、これからの大きなテーマになるのかもしれませんね。