老舗窯元の長谷園が手がける伊賀焼の炊飯土鍋「かまどさん」。自宅で昔ながらのかまど炊きを味わうことができ、現在は予約が半年待ちになるほどの人気商品です。

 そんな「かまどさん」の新モデルは、電化した全自動土鍋炊飯器。直火を使わなくてもスイッチひとつで簡単に土鍋ごはんを炊くことができます。

試作器は500個、炊いた米は3トン以上

長谷園×シロカ「かまどさん電気 SR-E111」
79,800円(税抜)
https://siroca.co.jp/kamadosandenki/

 長谷園はオール電化の家が増えていく中で、「かまどさん」を電化したいという想いがあったのだそう。そこへ、シロカが「かまどさんの良さをそのまま活かした炊飯器を作りたい」と想いをぶつけたところ、互いの想いが合致し、「かまどさん電気」の開発が始まりました。

 「かまどさん電気」は、「かまどさん」と同じく“伊賀の土”で作られた土鍋と、炊飯器がセットになった土鍋炊飯器です。

 おいしさのポイントは土鍋に使われる“伊賀の土”。“伊賀の土”には、微生物の化石が含まれています。焼き上げる際にその化石が燃え尽きてできる無数の穴は、余分な水分を吸収し、乾いてくると水分を返してくれる働きを持つのだそう。このように土が呼吸してくれるおかげで、時間が経ってもごはんのおいしさを保てるんです。

 しかし、「かまどさん電気」は炊飯器に土鍋を収めなくてはならないため、土の配合から焼き方まで見直し、何度も調整を繰り返したんだとか。

 初期の炊飯器の試作器(写真右)と、現行の炊飯器(写真左)。初期の試作器はニクロム線を付けて実験。しかし、土鍋が温まらず失敗。熱が行き渡るよう試行錯誤を繰り返し、現在の土鍋を包む形に定まりました。

 完成するまでに作った試作器は500個、炊いた米は3トン以上! これだけの数を試作していたとは……びっくりです。

「かまどさん電気」の仕組みをチェック

 使い方は、土鍋を炊飯器にセットし、メニューを選び、炊飯ボタンを押すのみ。炊飯モードは白米・玄米・雑穀米・の3種類からお米を選択でき、白米・雑穀米なら3合まで炊飯可能。仕上がりは、かため・ふつう・やわらかと3段階で、おこげやおかゆも炊くことができます。

 サイズは通常の3合炊き炊飯器に比べると、少し大きめです。テーブルに置く際は、土鍋を外して置いてください。

 熱源は、オーブントースターなどに使われる「シーズヒーター」を採用。「シーズヒーター」にすることで、直火と同等の火力で安定した熱を土鍋全体に届けることができるのだそう。

 土鍋の底には、土鍋の中の温度を測る「温度センサ受光部」を搭載。火加減の調整や時間管理まで自動で行ってくれるため、手間をかけずにおいしく炊き上がります。

 見た目は、土鍋の丸みを帯びたフォルムが魅力的。土鍋の蓋から噴き出る湯気を見ていると、待ち時間も心が弾みます。

 今回は、「かまどさん電気」の魅力をもっと探るべく、誕生の地へ行ってきました!

伊賀焼の窯元「長谷園」へ

 京都駅から車で約1時間、三重県伊賀市にある伊賀焼の窯元・長谷園にやってきました。自然豊かなこの地で「かまどさん電気」の土鍋が作られています。

 広々とした敷地内には器やカップなどを作るろくろ工房や、陶器を加工する工場などがあります。

 工房の奥には、創業時から昭和40年代まで使っていたという登り窯が残されていました。16の部屋を焚きあげるには15〜20日間を費やし、交代で窯の様子を見守っていたのだそう。

 「かまどさん」がどのような工程で作られているのか、工場内を見学しました。

 まずは、土を練るところからスタート。専用の機械に土を投入し、練られて出てきた土をまた機械に投入と、この作業を繰り返し行います。何度も練ることで、土が柔らかくなるのだそう。

 次は、形作り。土を型の中に入れ、よく叩いて伸ばし、削りながら形を作っていきます。

 さらにカンナで削り、形を整えていきます。

 そして、でき上がった器に持ち手を装着。水でといた土をのり代わりにし、ひとつずつ器に取り付けていきます。

 素焼きを終えた後は、釉薬をかけていきます。釉薬の工程を終えた後、乾燥にかかる期間は2週間。乾燥後に本焼きをして完成です。

炊き立てごはんを実食!

 見学後は、「かまどさん電気」で炊いたごはんをごちそうになりました! 炊き上がりの味の調整は発売1カ月前まで行い、ようやく「かまどさん」の味を実現することができたんだとか。

 土鍋の蓋を開けると、湯気が広がりツヤツヤなごはんが現れました。一粒一粒米が立っていて、私の自宅で炊くごはんとは比べ物になりません……!

 ごはんの硬さや粘りなどもちょうど良く、味わって食べていたつもりがいつの間にか完食。色々なおかずも用意されていたのですが、なかでも漬物との相性が抜群で、漬物とごはんだけで二度もおかわりしちゃいました。

 完成に4年もの月日を費やしたという「かまどさん電気」。炊き上がりはもちろん、冷めたあともおいしい土鍋ごはんを味わってみては?

文・撮影=善村苑香