ピクニックやテラスで食事をすることの多い春夏は、風で髪がボサボサになりがち。かといって手の込んだヘアアレンジなんて時間ないし難しくて無理……なんて不器用さんでもOK! ポニーテールに髪を巻きつけるだけの超簡単アレンジを、ヘアメイクアップアーティストの高松由佳さんに教えてもらいました。慣れてしまえばたった3分でできちゃうから、マスターしてくださいね。

写真・大嶋千尋 ヘアメイク・高松由佳 文・三谷真美

上品見えな「大人ポニー」とは?

どんな世代でも簡単にトライできる低め位置のポニーテルですが、少し地味な印象になってしまうのが難点。ですが襟足の髪をねじって結び目に巻きつけるだけで、グッと華やかさがプラスされるんです。

大人ポニーの作り方

1:髪全体に、まとまりをよくするワックスやクリームなどのスタイリング剤をつけておきましょう。まず、顔まわり、耳の上、耳より下の襟足を残し、耳の高さでひとつに結びます。髪の量が多い人は、残す襟足の量を少なくすると仕上がりがキレイになります。

2:結び目をおさえ、トップの髪を引き出します。頭頂部あたりを最初に引き出してからサイドを引き出すと、バランスが取りやすくなります。ボサボサになっちゃう人は、スタイリング剤の量が少ないのかも。

3:残しておいた耳上、襟足に、スタイリング剤を再度つけ、髪を左右2つにわけます。パサつきをおさえるために、根元からしっかりなじませて。

4:3の片方の毛束を取り、上側へねじりながら結び目の上からかぶせて巻きつけます。

5:髪の毛先を巻きつけたらピンで固定します。写真では2回巻きつけているけど、髪の長さによって、毛先が下向きになるように巻きつける回数を調整して。反対側も同様に、上側へねじりながら結び目に巻きつけてピンで固定します。

セクシーな大人ポニーの完成

襟足の毛束をねじりながら巻きつけることで、こなれ感が出て大人上品な印象に。チラッと見える首筋やうなじで男性をドキッとさせちゃいましょう。

教えてくれた方

ヘアメイクアップアーティスト 高松由佳さん。ヘアメイクアップアーティスト・山本浩未さんに3年間師事した後、独立。anan本誌を初めとする数々の美容・ファッション誌にて活躍。なりたい自分になるメイクを紹介した『メイク大全』を監修(2018年3月、成美堂出版より発売中)。

モデル三谷真美