森信親金融庁長官(毎日新聞社/アフロ)

写真拡大

 例年3〜4月は民間企業の人事異動の季節。そして、民間企業の人事異動が終わると、官庁の人事異動が始まる。その官庁幹部人事に関して、怪情報が飛び交っている。主役は森信親金融庁長官だ。

 森長官といえば、すでに3期(3年)にわたって長官の地位にある。金融庁発足以来、3年にわたり長官の地位にあったのは、森長官以外では五味廣文氏、畑中龍太郎氏の2人のみ。通常1年で交代する官庁幹部人事にあっては、極めて異例だ。

 その森長官だが、最近では「かぼちゃの馬車」問題で、すっかり評判を落とし、庁内の人望も凋落の一途だ。

 同問題は、不動産会社のスマートデイズが運営する女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の事実上の破綻から始まっている。その仕組みは、個人投資家が銀行ローンを組んでシェアハウスを所有し、スマートデイズがそのシェアハウスを一括で借り上げ、家賃を保証する「サブリース」。その個人投資家向け融資を一手に実施していたのが、地銀のスルガ銀行だった。

 ところが、かぼちゃの馬車の実態は、入居率が5割を下回り、オーナーへの家賃保証を継続できる状況ではなかった。2018年1月、スマートデイズはついに個人投資家への賃貸料の支払いを停止した。これにより、スルガ銀行への融資の返済が滞り、破綻に追い込まれる個人投資家が続出する事態となった。個人投資家らで構成する「スマートデイズ被害者の会(現シェアハウス投資被害者の会)」はスルガ銀行に対しても、集団訴訟を行う構えを見せる事態にまで発展している。

 ところが、このスルガ銀行を“べた褒め”していたのは、森長官その人だった。森長官は、黒田東彦・日銀総裁が進めるマイナス金利政策のなかで、一貫して「個々の地銀が創意工夫して、既存のビジネスモデルではない、新たなビジネスモデルをつくり上げることが重要だ」と力説してきた。

「森長官が新たなビジネスモデルづくりに取り組む代表例として、事あるごとに取り上げたのがスルガ銀行だった。とにかくスルガ銀行の姿勢、ビジネスモデルについて、素晴らしいと絶賛していた」(ある地銀の幹部)

 しかし、状況は一変する。スルガ銀行の新たなビジネスモデルは、一転して“詐欺の片棒”とまでいわれるような代物だった。そこで、森長官は見事な“手のひら返し”を見せる。スルガ銀行を批判し、スルガ銀行に対して銀行法に基づく報告徴求命令を出したのだ。これには、銀行業界も開いた口が塞がらなかった。

「あれだけスルガ銀行を褒めたたえたのは、森長官。森長官も“戦犯”だ」(メガバンク幹部)

 このため、今年6月の人事異動では、「森長官の退任は確実視され、後任には氷見野良三・金融国際審議官が本命視されている。年次からは旧大蔵省入省の昭和58年組の三井秀範検査局長が最有力だが、氷見野審議官は森長官の覚えがめでたい」(金融庁関係者)という。

●仰天人事予想も

 しかし、ここにきて「森長官留任説」が強まっている。

「黒田日銀総裁が再任された。黒田総裁と森長官はアベノミクス推進の車の両輪。安倍首相の覚えめでたい森長官が留任する可能性は十分にある。歴代トップとなる4期続投を森長官も望んでいる」(別の金融庁関係者)

 また、首相官邸筋はいう。

「森友学園問題で支持率が低下している安倍首相が、腹心の黒田・森の両輪で再び円安・株高を演出し、支持率の回復をもくろんでいるのだろう」

 だが、別の官邸筋は、驚くべき人事案を披露する。

「森長官の財務省事務次官就任です。森友問題で、財務省は公文書改ざんで壊滅的な打撃を受けている。財務省は立て直しが急務で、相当な腕力が必要になる。その旗頭となる事務次官に、安倍首相が“白羽の矢”を立てたのは、腹心の森長官だ」

 ただ、野党の党首クラスは、「確かにそういう案は出ていたようだが、現時点では消えている。森長官の財務事務次官就任はないだろう」と、この情報を真っ向から否定している。果たして、森長官の進退はどうなるのか。
(文=鷲尾香一/ジャーナリスト)