3月31日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。今回番組には、竹山の後輩芸人である、髭男爵のひぐち君、サツキの門脇のりや、閃光花火の長瀬朋彦、ぽ〜くちょっぷの関仁彦、マンマーレの松口らがゲストとして登場。

 売れない若手芸人が集まっていることもあり、竹山は線香花火・長瀬朋彦を指して「だってお前、今年頑張らなかったらクビでしょ?」と切り出すと、長瀬は「リアルに『今年で終わり』って言われました」とぶっちゃけて笑いを取りにいく。

 竹山が所属する事務所、サンミュージックには“クビ会議”というものがあるそうで、竹山は「こないだ1組1組呼ばれてさ、マネージャーとか全員(いる場)にね、芸人が1組入ってきて『はい、この人。大したことやってないすよ、こういうのやってます』っていろいろ言われるのよ。そこで『結果残さなかったらクビです』って言われるの」と、驚きの内容を明かした。

 古関れんは一瞬言葉を失い「え? クビ宣告があるんですか?」と驚くと、なんと竹山は「俺も昔やられた」と明かす。27歳頃の出来事だったそうで、マネージャーたちが居並ぶ会議室にカンニングとして相方とともに呼び出され「カンニングをやりたいというマネージャーいますか?」と担当者を募られたそう。

 当時は誰からも手が挙がらずあわやクビになるところだったが、先輩芸人のブッチャーブラザーズ・リッキーが「俺が個人的に預かる」と竹山たちを救ってくれたのだという。

 「そこでクビになった奴、何人もいるよ」と語る竹山に、古関は「すごい残酷なシステムですね」と絶句すると、竹山は「そうしないと人数だけ増えちゃうのよ」と、事務所でマネージメントする芸人を絞り込むためには仕方がない仕組みなのだと説明していた。

(C)AbemaTV