【トレーナーが伝授】初心者さん向けスクワット

写真拡大 (全13枚)

リカバリートレーナーの伊藤晃一です。

下半身強化や、下半身のシェイプアップを目指すためのたトレーニングで、もっとも有名なものにスクワットという種目があります。

スクワットのやり方については、たくさんの本や、インターネット上の情報が存在しておりますが、いざひとりで実践してみると、これでいいのだろうか?と不安に思うものです。

鏡を見ても、合っているような気もするけれど、といまいちピンと来ないことも……。

また、下半身の体力に不安がある方もいらっしゃるでしょう。いざやろうとしてもスクワットそのものの強度が高すぎて、上手く出来ない……ということもあるかと思います。

今回はスクワットを、正しく行うための簡単な方法を紹介させていただきます!

スクワットを正しくやるための簡単な方法

今回紹介するスクワットは、下半身への強度はやや低めとなっております。

ぜひ初めての方、またはフォームの見直しを検討されている方、ご覧ください!

出典: Woman Wellness Online

まずは、椅子を用意します。

ふかふかで柔らかな椅子よりも、ある程度のかたさがある椅子が効果的です。

一般的なベッドくらいの柔らかさは、問題ありません。

椅子に姿勢を正して座ります。

出典: Woman Wellness Online

足の幅を、肩幅ほどに開きます。

肩幅の広さでは不安だと思われる方は、もう少し広くしていただいても構いません。

足の幅は、狭くなるとややキツくなり、広くなると安定感が増します。

2倍ほどに広げますと、ワイドスクワットという種目に変わってしまう場合もありますので、基本のスクワットをされる場合は、肩幅か、それよりやや広めと意識されると良いでしょう。

出典: Woman Wellness Online

手を膝についたまま立ち上がり動作を行いましょう。

手の力に頼り過ぎず、下半身を意識して行うことが重要です。

出典: Woman Wellness Online

最後は、姿勢をスッと背筋を伸ばした状態で完成です。

これをまずは10回繰り返し行いましょう。

問題なければ、椅子には完全に座り込まずに、連続動作になるように試してみてください。

この動作の繰り返しにより、スクワットにおける重心の移動を整えることが出来ます。

出典: Woman Wellness Online

出典: Woman Wellness Online

動きや体力に余裕がある場合には、手の位置を変えてみましょう。

写真では腰に手を当てたスクワットと、頭の後ろに添えたスクワットを紹介しております。手の位置が、高くなればなるほど負荷を強く感じられますので、ご自分の出来る範囲で行ってみてください。

いずれの場合にも、お腹に力を入れ、呼吸を止めずに行います。10回繰り返し、下半身にややキツさを感じられたら最高です!

ぜひ体力に無理のない範囲で、2セット、3セットと繰り返してみてくださいね。

【トレーナーが伝授】初心者さん向けスクワットはWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

伊藤晃一

トレーナー歴14年、現在まで15000セッション、1500名以上の方々を指導。俳優としても活動中。22歳の時にパーソナルトレーナー養成コースを受け同年デビュー初月から100本以上のセッションをこなす(友達から伝説だ!と言われました(笑))。29歳の時に渡米、ニューヨークにて出張パーソナルを中心に歌手、起業家、翻訳家、デザイナーの方達を指導しながら、NewYorkFilmAcademy(俳優学校)にて演技について学び、英語を習得。2009年帰国、自分のスキルを更に伸ばすためヨガ、ピラティス、マスターストレッチ、ファスティング(断食)資格を取得し“五感を満たせる快適な空間”でトレ ーニングを行ってもらいたいという思いから三軒茶屋にStudio Carpe Diem(カルペディエム)をオープン。“一生涯、自分の足で健康に歩き続けられるために”をコンセプトに、“運動の主治医”として“運動”、“食事”、“水”をお一人お一人に合わせてご提案しながら全国各地で活動中。