自分の精子で不妊治療をした米の医師 生まれた子どもらが提訴

ざっくり言うと

  • 米アイダホ州で不妊治療を施していた医師が、生まれた子どもらに提訴された
  • 医師は自分の精子を人工授精に使い、患者の女性を妊娠させたとされている
  • 36歳になった子どもが2017年にDNA鑑定を受け、医師と親子だと判明したそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング