画像提供:マイナビニュース

写真拡大

OpenBSDプロジェクトは4月2日(カナダ時間)、「OpenBSD 6.3 Released - Apr 2, 2018」において、OpenBSDの最新版となる「OpenBSD 6.3」の公開を伝えた。当初のリリース予定日は2018年4月15日だったが、すべてのコンポーネントの準備が予定より早く終わったため、前倒しでリリースしたという。

OpenBSD 6.3の主な注目ポイントは次のとおり。

新たなハードウェアのサポート

仮想化機能vmm(4)およびvmm(8)の改善

IEEE 802.11ワイヤレススタックの改善

ネットワークスタックの改善

インストーラの改善

ルーティングデーモンおよびユーザランドネットワークの改善

セキュリティの向上

hdclient(8)の改善

OpenSMTPD 6.0.4の導入

OpenSSH 7.7の導入

LibreSSL 2.7.2

各種サードパーティ製ソフトウェアのアップデート

OpenBSD 6.3インストーラは世界中のミラーサイトから取得可能。amd64やarm64をはじめ、各種アーキテクチャ版が提供されている。

OpenBSDはセキュリティに注力して開発が進められているオペレーティングシステム。ほかのオペレーティングシステムがまだ実装していないようなセキュリティ機能を多数搭載しているほか、起動するごとにカーネルバイナリの構成が変わるといったユニークなセキュリティ機能も搭載している。