守屋洋著、プレジデント書籍編集部編『「貞観政要」がやさしく学べるノート』(プレジデント社)

写真拡大

部下の心理をつかむにはどうすればいいのか。そうした「リーダー学」を身につけるために大企業の経営者が「座右の書」としてきた中国古典が『貞観政要(じょうがんせいよう)』だ。この全10巻40篇という大著のエッセンスとはなにか。そして経営者たちに愛されてきた理由とは――。(前編、全2回)

※本稿は、守屋洋著、プレジデント書籍編集部編『貞観政要がやさしく学べるノート』(プレジデント社)を再編集したものです。

■『貞観政要』は大企業の経営者にファンが多い

中国古典の大きな柱は「リーダー学」であり、さまざまな角度からこのテーマを取り上げている。ここで解説する『貞観政要』もその1つである。「貞観の治」として知られる、中国史のなかでも太平と繁栄の時代として燦然と輝くその姿を描いている。

この『貞観政要』は大企業の経営者にもファンが多い。多くのベストセラーを書いた元ライフネット生命会長の出口治明氏(現立命館アジア太平洋大学学長)は『座右の書「貞観政要」』という著書を書いている。また、トヨタ自動車社長、会長を務めた張富士夫氏(現相談役)も中国古典の中でこの『貞観政要』を愛読書にしている1人だ。張氏は『プレジデント』(2006年9月18日号)のインタビューでこう語っている。

「『貞観政要』は『書教』とならぶ帝王学、リーダー学の中国における古典で、今から約1400年前の唐の時代、唐王朝二代目の李政世民(りせいみん)にまつわるさまざまな話が記されている。(中略)部下の心理をつかむにはどうしたらいいかとか、人を育てるためにはどうするべきか、といったことは現代に生きているわれわれに特徴的な問題や課題のように思える。しかし、数百年前の為政者もやはり同じような課題に直面して、その課題に対してしっかりとした思考を重ね、答えを出し、素晴らしい政治を行っていた。リーダーシップに関する知見の数々は今の時代にもまったく色あせていない。ビジネスリーダーならずとも、課長、部長などの管理職にはとても参考になると思う」

『貞観政要』に登場する太宗李世民は、西暦626年、第2代皇帝の座についた。その翌年、貞観と改元、649年に死去するまでの24年間その地位にあった。その治世は「貞観の治」とたたえられ、平和で安定したものだったと後世に伝えられている。

「太宗」とは、よく2代目に贈られた廟号(びょうごう)(皇帝が死去してから後に贈られた称号)で、初代には「高祖」や「太祖」などの廟号が贈られた。なお、『貞観政要』は太宗の死後50年ほどのちに、ある史家によってまとめられたものである。

■善政を行うには良き「補佐役」が必要である

太宗が唐を創建した当初は、戦乱の爪痕や天災による疲弊、国力・財力不足などにより、理想の状態からはほど遠いものだった。少なくとも貞観初年の頃は、平和な時代とはなったものの、民生の回復は一朝一夕にはいかなかった。

太宗はみずから節倹を旨として、財用のムダ遣いを厳しく戒め、民生の安定に意を用いたことはたしかだが、5、6年くらいで人民の生活が飛躍的に向上したわけではない。実態は、行きつ戻りつしながら、ゆるやかに回復していったのである。

「貞観の治」といえば、古来から太平の世の典型とされてきたが、「貞観の治」を評価する場合、成し遂げられた成果よりも、むしろ太宗と側近たちがどんな覚悟で政治に取り組んだのか、そちらのほうに目を向けるべきなのかもしれないし、そのほうが正しい見方だと思う。

太宗は秦王時代、その幕下に「十八学士」と呼ばれる人材を集めて将来の治世に備えていたが、房玄齢(ぼうげんれい)と杜如晦(とじょかい)はその筆頭格の存在だった。また、魏徴(ぎちょう)と王珪(おうけい)は初めは太宗の兄である太子建成に仕えていたが、建成の死後、太宗に見出された名臣として知られている。

加えて、忘れてならないのが長孫(ちょうそん)皇后で、その明晰さからくる内助の功によって、太宗を内側から支え続けた。

長年苦楽を共にした家臣はもちろんのことだが、太宗はたとえ敵対した人物の参謀であっても、有能な人材だと認めた場合は、何の躊躇もなく自身の補佐役として重用した。それこそが太宗が名君の誉れをほしいままにした最大の原動力だともいえる。これは現代ビジネスの世界でも同じこと。優れた人材を集めて経営に邁進しなければ、企業や組織の前途は決して明るいものにはならない。人材こそ最大の武器なのだ。人脈や派閥などにとらわれて適材適所を怠れば、組織は必ずその力と輝きを失っていく。

トヨタの張氏も前掲のインタビューでこのように話している。

「太宗李世民の明君ぶりを語るエピソードは数あるが、非常に関心させられたのは自分を叱ってくれる部下をたくさん抱えたことだ。彼らに自由に意見を言わせ、諌言に率直に耳を傾けて、なるほどと思えばすぐに改める。リーダーシップを発揮する立場になると、なかなかできないことである」

■財政破綻、後継者問題……なぜほころびが生じるのか

24年にわたる太宗の治世は、広く人材を登用し、諫言に耳を傾け、常に緊張感を持って政治に取り組んだ。これは異常な精励ぶりといっていいだろう。史家の評を借りれば次のようになる。「その聴断(ちょうだん)して惑わず、善に従うこと流るるが如きは、千載(せんざい)に一人と称すべきのみ」つまり、1000年に1人の名君だといっているのだ。

しかし、太宗といえども人間。現に晩年になって、悩ましい問題を2つも抱え込むことになった。

1つが高句麗(こうくり)遠征の問題だった。当時の朝鮮半島は、高句麗、百済(くだら)、新羅(しらぎ)の3国が鼎立し、それぞれ唐に朝貢しながらも対立抗争を続けていた。そんな情況のなかで貞観18年(644年)、新羅が唐に救援を求めてきたのをきっかけに、計3回の高句麗遠征を行うこととなった。

この遠征は高句麗の強い抵抗にあい、目的を達しないまま、太宗の死によって中止される。唐としては、何ひとつ得るところがなかったばかりか、いたずらに民力を疲弊させただけで終わった。

即位以来、軍事行動を極力控え民生の安定を優先させてきた太宗が、晩年にこういう遠征に踏みきったことは、名君として「千慮の一失」と言わざるをえない。

もう1つは、後継者の問題だ。太宗は長孫皇后との間に、上から承乾(しょうけん)、泰(たい)、治(ち)と、3人の男の子をもうけていた。そして即位したとき、8歳の承乾を太子に立て、太子教育にも万全を期したつもりだった。ところが承乾は長じるにつれて素行が乱れてしまい、やむなく太宗は貞観17年、承乾を廃して、第3子の治を太子に立てた。しかし、治は温厚さだけがとりえの青年で、大帝国の後継者としては力不足だった。こうした状況にあって太宗の不安は募るばかりだった。

後継者の交替劇まで太宗の責任に帰するのは少し気の毒な気がするが、晩年の太宗にとって大きな悩みのタネであったことは間違いない。そして太宗は、貞観23年(649年)5月、築き上げた大唐帝国の行くすえを案じながら、都長安で死去した。

経営戦略の失敗によって財政力を失ったり、後継者不足で企業の将来が危ぶまれたりすることなどを考えると、唐の太宗も同じようなテーマを抱えていたことがよくわかる。

(プレジデント社書籍編集部 写真=iStock.com)