Getty Images=写真

写真拡大

いざというとき、自分の身を守ってくれるものは何か。その筆頭は「法律」だ。「プレジデント」(2017年10月16日号)の「法律特集」では、8つの「身近なトラブル」について解説した。第5回は「危ないお泊まり出張」について――。(全8回)

■男女の仲から一転、訴えられてしまう理由

酒を飲んで盛り上がり、同意のうえで一夜をともにした女性から訴えられる――。こうして準強制性交等罪(旧罪名・準強姦罪)に問われるケースは実際にあります。

それは、女性が素面に戻ったときに起こります。ゆきずりの相手と関係を結ぶ、そのことを認めたがらない女性は、ごく一部ですが、一定数いる。彼女たちは、我に返ったときに「私に非はない。相手が悪い、許せない」と男性に強要されたとして被害届を出し、自らを納得させようとするのです。

いかなる理由で訴えられたとしても、密室の中で行われたことが同意のうえかどうかを証明するのは難しい。結局は、どちらの主張が合理的かとの判断になってしまいます。さらに言えば警察は「あえて勇気を出して被害届を出した女性の主張は信用できる」と考える傾向にある。どうにかして、女性が正気で同意があったことを男性側が証明しなければ事実上、罪を免れることは難しくなります。

では、どうすればいいか。女性が自分の足で歩いてホテルに一緒に入ったことなどが証明できればいいが、なかなか難しい。女性との会話を録音していれば証拠になる可能性はあるが、普通録音などしていないでしょう。仮に録音をしていたとしても「なぜ録音していたのか」が逆に問題になることもあります。

となると、細かい事実を積み上げていくしかありません。正攻法は、ホテルに入ってから一緒にコーヒーを飲んだ、ビデオを見た、あるいは翌朝一緒に朝食を食べた、など女性が同意していたと思われる状況を主張することです。そこに矛盾がなければ警察も女性の主張を疑いはじめます。

その際に、記憶が曖昧なことを言うのは厳禁です。事実関係に矛盾が生じてしまうと、それ以外の主張も信用されなくなります。

■一緒に食べた朝食の写真を残しておく

もっと言えば、スマホのカメラなどで記念撮影をしておけば、身の潔白を証明する強い証拠になります。とはいえ、ベッドインの夜は女性だけでなく男性側もアルコールを摂取していることがほとんど。万が一の非常事態まで気を配れるとは考えづらい。より冷静に頭が働くであろう翌日の朝に、このもしかしたら起こるかもしれない冤罪の可能性を思い出し、一緒に食べた朝食や2人一緒に写った写真を撮っておくといいでしょう。

ビジネスマンが特に気を付けたいのが、羽目を外しやすいお泊まりの出張です。

出張先では一般人以外にも、デリバリーヘルス(デリヘル)を利用し本番行為に及び、店側から強姦の被害届を出されるケースも少なくありません。そうなると地元警察から、出張から戻った後に呼び出しがかかります。

客が脅したりして強要した場合は強姦になる可能性が高いが、デリヘル嬢がハニートラップを仕掛ける場合もあります。店側は女性に検査を受けさせたり、仕事を休ませたりするための検査代や休業保証を求めてきます。ただし、店側にとっても表沙汰になるのはマイナスなので金銭で示談できれば、被害届を取り下げるケースが多いようです。

----------

好川久治
ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所、パートナー弁護士
東京大学法学部卒業。大手保険会社の企業内弁護士を経て2002年より現職。男女問題トラブル、損害賠償事件、労働事件等を取り扱う。

----------

(ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所、パートナー弁護士 好川 久治 構成=向山 勇 写真=Getty Images)