プルデンシャル生命保険エグゼクティブ・ライフプランナー 川田 修氏

写真拡大

だれにとっても時間は平等にある。だが成果を残す人は、その使い方が違う。そして違いが出るのは、平日ではなく休日だ。トップ営業マンは休日をどう活用して、まわりに差をつけてきたのか。3人の識者に6つのテーマについて聞いた。第5回のテーマは「新規プロジェクトを考えたい」――。(全6回)

※本稿は、「プレジデント」(2017年5月15日号)の特集「一流の人の1週間」の記事を再編集したものです。

川田さんの教え
宝は人から。異業種の人と交流を持つ

■社外に出て、知見と刺激を得る

週末に平日とは違う外の世界の人と交流を深く持つことが、新規プロジェクトを考えるうえで非常に大事だと思います。

同じ社内にずっといて、週末も家族や会社の同僚と会っているだけだと、視野がどんどん狭くなります。それに異業種の人は当たり前だと思っていることが、私たちの当たり前と真逆だったりすることもあるんです。ですから私は、人の紹介で仕事に関係なく社外の様々な人に会い、多くの知識と刺激を受けています。

私は今、個人的な新規プロジェクトとして障碍者雇用を推進しようと近しいところへ働きかけています。私は、知的障碍者のアシスタントを1人雇用していますが、世の中で1人ずつでも、障碍を持った人が戦力となって“一緒に”仕事をしているという状態をつくりたい。それができたら、きっと日本が変わります。

私がそう考えるようになったのも、ベストセラーになった『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者の坂本光司さんや、障碍者などの就労をサポートするNPO法人の理事長で、「世界一明るい視覚障がい者」として講演をされている成澤俊輔さんなど、素晴らしい方々との出会いがあったからです。そういう人たちとの出会いで、自分自身の考え方が変わっていきました。

私は社会に対して、「自分が生まれたときよりも、いい社会にしてバトンを渡す」という思いがあります。それができたらと思うと、いつもワクワクするのです。

▼人との出会いで、自分を成長させる

和田さんの教え
スマホを置き、ペンを持って散歩する

■ネットの情報を断ち、五感で確かめて

スマートフォンを家に置いて、ペンとノートを持ってお散歩に出掛けてはいかがでしょうか。オフの日に家にこもってネットばかり見ていても新しいアイデアはきっと出てこないけれど、体を動かせば、脳も動きます。せっかくの休日なのだから、のんびり公園や街を歩いてみる。すると普段は急ぎ足で素通りしているだけの道にも、「あれ、こんなお店あったっけ? なんか素敵だな」などと発見があったりするものです。いつものようにスマホで検索しないで、店に入って確かめてみる。触って、食べて、感じてみる。そして、「なぜ私は、このお店を素敵だと思ったんだろう。ディスプレーかな、店員さんの接客態度かな」と、分析してみるのです。

カフェに入って、ノートとペンを出して、自分の手で文字にして書いてみる。「素敵だな」と感じるものには、必ず理由があるものです。自分が感じたことを言語化していくと、今までに考えたことのなかったアイデアがふっと浮かんできたりするものです。そこに新規ビジネスのヒントがあるかもしれません。

同様に、センスが悪いお店も新規ビジネスの種です。私は町を歩いていて、センスがよくないお店に出合っても、「なぜ、このお店が存在するのか」を考えます。お客さんが入っていたら、どうしてこのお店に惹かれたのか、客層などから分析を始めるんですね。女性からはセンスが悪く見えても、男性から見るとそういうほうが落ち着くとか、自分とは違う感覚を持った人をマーケティングするいいチャンスですよ。

▼自分とは違った感覚の市場も見る

----------

川田 修
プルデンシャル生命保険エグゼクティブ・ライフプランナー。
リクルート時代、年間最優秀営業マン賞受賞。1997年プルデンシャル生命保険に入社し、2001年営業成績全国約2000人中1位となる。著書に、テクニックではなく人間力で営業をする方法を説いた『僕は明日もお客さまに会いに行く。』(ダイヤモンド社)などがある。
 

和田裕美
ビジネス書作家・営業コンサルタント。
日本ブリタニカ入社後、世界142カ国中2位の成績を収め、20代で女性初の支社長に。京都光華女子大学客員教授。幸運が舞い込む仕組みを解明した『和田塾 運をつくる授業〜あなたもぜったい「運のいい人」になれる方法がわかった!』(廣済堂出版)など著書多数。
 

----------

(ビジネスライター 嶺 竜一 撮影=和田佳久)