<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
「マスターズ」が開幕を迎える。前日は恒例のパー3コンテストが行われ、本大会初出場の小平智も婦人の古閑美保をキャディに従え、9ホールを回った。
【関連写真】こちらは夢の兄妹タッグ実現!宮里優作と藍
楽しいラウンドのはずが、事件は2番。打ち下ろしのホールで古閑キャディはアゲンストと読んだ。夫人のアドバイスを元に打った小平は大きくグリーンオーバー。ボールは観客の中に飛び込み、ボギーとしてしまった。「キャディがアゲンストだねっていったので打ったら、フォローじゃん!って(笑)」(小平)。「パトロンからバッドキャディっていわれたのでにらんでやりました(笑)」(古閑)と、コンテストならではのリラックスムード。
最終の9番は出場選手のキャディもショットを放つことで有名だが、古閑はなんとサービスの2発。一発目は池、二発目はラフと見せ場はなかったが、そんな古閑を誉めたのは同組で回った、本大会1994、99年大会覇者のホセ・マリア・オラサバル(スペイン)。「素振りをしたら、いいスイングだねってオラサバルにいわれて」(古閑)。「日本の賞金女王がこれでいいのかって(笑)」(小平)。「この人(小平)あおるんですよ!」(古閑)。
終始そんなやりとりを繰り返した小平夫妻。結婚式後初の海外メジャー、昔から憧れのマスターズとあれば、これ以上ない新婚旅行と話していたが、いよいよあしたは運命のスタート。「初めてのコースなので、どうなるかやってみないと分からないですけど、状態的にはすごくいいですね」と、自然体で臨む小平。夫人の応援を励みに、まずは予選通過を目指す。(文・高桑均)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

交渉成立!長男の宮里聖志の後押しで宮里藍が宮里優作のキャディを務めた!
タイガー・ウッズとのラウンドを熱望した消防士アマチュアの夢が実現!
入籍発表の小平智、古閑美保「昨年から結婚を意識」
「小平美保になりました」古閑美保が結婚に喜びの声 発表日にホールインワンも達成
新婚の古閑美保は小平智とアツアツ!将来の夢は「80歳になっても一緒にラウンドしたい」