画像提供:マイナビニュース

写真拡大

設置機器のイメージ

パナソニックとパナソニック システムソリューションズ ジャパン(以下、あわせて「パナソニック」)、東京電力パワーグリッドと東電タウンプランニング(以下、あわせて「東電PG」)は、4月4日から東京都港区の協力を得て、東電PGが所有する歩道上の配電地上機器を活用したデジタルサイネージによる情報発信の実証実験を開始すると発表した。

パナソニックと東電PGは2017年5月より配電地上機器を活用した情報配信等に関して、共同で企画・開発を進めており、今回はその実証実験として、港区のJR田町駅前にパナソニックと東電PGが共同で企画・開発した「ストリートサイネージ」の実証機を設置し、港区の区政情報および緊急情報を配信する。

実証実験では、2018年4月4日から2019年3月までの間、JR田町駅前の往来が多い歩道上に設置されている配電地上機器の上部に「ストリートサイネージ」を設置するとともに、機器本体へのラッピングによる表示を行う。

その立地を活かして、「ストリートサイネージ」で区政に関する情報、広報番組、地域イベント等の港区の情報を配信するとともに、緊急災害時には、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語にて、警報や注意情報をリアルタイムに配信する。

実証実験を通じて、配電地上機器の立地を活かした情報発信の有用性や実現性について検証し、2020年に向け求められている街中での情報配信に「ストリートサイネージ」を活用していく検討を進めていく。