米カリフォルニア州サンフランシスコ近郊サンブルーノにあるユーチューブ本社で発砲事件を起こした後、自殺したナシーム・ナジャフィ・アグダム容疑者。米カリフォルニア州サンブルーノ警察が公開(2018年4月4日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米カリフォルニア州の動画共有サービス「ユーチューブ(YouTube)」本社で起きた発砲事件で、警察が容疑者の女の父親から事件前日に通報を受けていたことや、事件発生前に容疑者を発見した際に拘束しなかったことが分かった。

 事件は3日、同州のハイテク産業集積地「シリコンバレー(Silicon Valley)」を構成するサンフランシスコ(San Francisco)近郊のサンブルーノ(San Bruno)で発生。容疑者は、同市にあるユーチューブ本社で9ミリ拳銃を発射して3人を負傷させた後、警察が同社の敷地を取り囲む中で自殺した。

 警察は銃撃犯の身元を、イラン生まれで同州サンディエゴ(San Diego)在住のナシム・ナジャフィ・アグダム(Nasim Najafi Aghdam)容疑者(39)と特定。ユーチューブへの投稿が抑圧されたことに対する恨みが犯行の動機との見方を示している。

 容疑者の父親、イスマイル・アグダム(Ismail Aghdam)氏は2日、シリコンバレーの中心地、マウンテンビュー(Mountain View)を管轄する警察当局に対し、容疑者が行方不明になっていると通報。さらに、容疑者がユーチューブに対して怒りを抱いており、シリコンバレーに向かった可能性があると伝えていた。

 しかしマウンテンビューの警察は3日、事件発生の数時間前に容疑者が車中で眠っているところを発見したが、拘束する理由がないと判断した。

 サンブルーノ警察は4日、ユーチューブの方針に対する容疑者の怒りが事件の動機とみられると発表。ほかに事件の容疑者はいないとした。また、容疑者の名義で登録された拳銃を回収したと明らかにした。

 さらに警察は、容疑者が3日、地元の射撃場に向かった後にユーチューブ本社に車で乗りつけ、駐車場から建物に入ったと説明した。

 地元メディアによると、事件では女性2人と男性1人が負傷し、男性が重体、女性1人が深刻な容体に陥っている。もう1人の女性の容体は比較的良好だという。

 容疑者はユーチューブの自身のページに、動物の権利とビーガン(完全菜食主義)を支持する動画を英語、トルコ語、ペルシャ語で投稿していた。

 動物の権利擁護を訴える人々の中にはユーチューブに投稿内容を制限されていると不満を持つ人がおり、容疑者もその1人だった。
【翻訳編集】AFPBB News