古川イオンCC

写真拡大 (全4枚)

 4月4日はドラえもんの好物、どら焼きの日。桃の節句と端午の節句に“はさまれた”日で、食べて幸せ(4合わせ)になるというのが由来だとか。その4日、1等・前後賞合わせて5億円が当たる『ドリームジャンボ宝くじ』の発売がスタートした。同時発売の『ドリームジャンボミニ』は1等・前後賞合わせて5000万円。ジャンボででっかく、ミニで手堅い「夢」を目指して、全国の有名売り場に長蛇の列ができている。

 高額当せんの鍵を握るのは、やっぱり売り場選び。今年のキーワードは「4周期」。風水師の伊藤夢海さんはこう言う。

「4年に1度の冬季五輪に続き6月にはサッカーW杯も開催されます。世界的なイベントの盛りあがりと波長が合って、運気が爆発的にあがる売り場もあるんです。4年前に高額当せんを出している店舗が狙い目です」

 本誌・女性セブンはドリームジャンボに期待がかかる売り場に取材を敢行した。まずは『古川イオンCC』(宮城県大崎市)。2010年のドリームで1等・前後賞合わせて3億円、2014年のドリームでも1等・後賞合わせて4億5000万円が出ている。勘のいい読者はもうお気づきのハズ。4年周期で1等が出ているのだ!

「ワールドカップ開催年に大当たりが出ると評判で、遠方からもお客さまがいらっしゃいます。窓口に飾ってある猫の『みるく』の写真が開運グッズ。販売員が2012年に譲り受けた直後にナンバーズで60万円が当せんした『本物の招き猫』で、購入した宝くじをみるくの写真にかざしていくお客さまもたくさんいらっしゃいます」(神田支店長)

 ちなみに“猫パワー”といえば、『金沢スカイプラザCC』(石川県金沢市)も要チェック。日本代表のエース・本田圭佑選手は市内の星稜高校出身とW杯にも縁がある。

「うちの自慢は高さが1mもある巨大招き猫『福ちゃん像』です。これまでの当せん総額21億円以上を、今回のドリームでどーんと伸ばしますよ」(谷垣支店長)

 有名売り場の激戦区・愛知県名古屋市の『アズパークCC』も、2014年のドリームで1等・前賞合わせて4億5000万円を出し、こちらも「4年周期」の幸運がピタッとハマる。

「『七宝町』や『甚目寺町』という、合わせると『タカラ・クジ』となる地名の場所に隣接していて、縁起がいいとお客様の評判がいいんです。1000万円を超える当せんも2014年以降毎年出ていますし、ドリームにも期待してください!」(井筒支店長)

『名護マックスバリュCC』(沖縄県名護市)も2014年の1等・後賞合わせた4億5000万円を出している。沖縄本島でいちばん北に位置する売り場だ。

「本島の最北端に、『奥』という地名の場所があります。そこから転じて、うちの売り場は“奥(億)にいちばん近い”といわれているんです。すぐ近くに『“奥”間』という地域があり、さらに『“奥”村さん』という販売員もいます」(小峰支店長)

 ドリームの販売は4月27日までだ。

※女性セブン2018年4月19日号