新しい環境になじめない者を厄介者扱いする傾向を「黒い羊効果」と呼ぶ(IYO / PIXTA)

新学期や初めての職場。そこではこれまでと違った人間関係やコミュニケーションが生じます。希望や期待に胸をふくらませつつも、「職場になじめるかな」「友達できるかな」と心細い気持ちにおしつぶされそうな方もいるでしょう。

これまでに対人関係がうまく築けず、不安な気持ちで自信が持てずに落ち込んでしまったという経験があると、なおさら緊張は高まり、日々を過ごすことがおっくうになってしまうかもしれません。

「排除の論理」が働く「黒い羊効果」

30代前半の女性、Aさんもそうした一人でした。Aさんは憧れの会社に中途入社し、社内でも高い売り上げを誇る部署に配属されました。同業他社でのキャリアがあったAさんは、入社当日から一人前に仕事を任され、周囲は気にかけるそぶりもなく、声もかけてくれません。

Aさんは遠巻きに試されているような息苦しさを覚えるようになり、徐々に休みがちに。しかし、Aさんを心配する人はおらず、出社しても「面倒なヤツ」と冷たくあしらわれるようになり、ますます孤立してしまいました。

Aさんのような状況は、学校や職場といった社会集団の中でしばしば起こります。そこにはその集団の一員でありながら、なじめずにいる者を集団の仲間と認めず、厄介者として扱う傾向があります。このような傾向は、集団心理学において「黒い羊効果」と呼ばれています。

これは、一匹の黒い羊が白い羊たちから受け入れてもらえず排除されるという、聖書の故事に由来しています。集団組織の中に黒い羊が一匹いることで、その他大勢の白い羊たちには連帯感や一体感が生まれて仲間意識が強まります。一方で、集団の中にいる黒い羊は、集団の外にいる黒い羊よりもっと低い評価を受けるという現象が起きるといわれています。

言わば一種の「排除の論理」が働くのです。

このような集団心理、とりわけ白い羊たちに働くものとは何なのでしょう。

今から100年以上前、集団の心理が個人の心理と異なることが明らかになりました。集団の心理行動の特徴としては、排他性、断言・反復、感情的・衝動的、思考の単純化・同一化、道徳性・知性の低下、服従性などが挙げられます。

周囲からの同調圧力が人を善人から悪人に変えてしまうこともあります。心理学の研究によれば、集団の持つ同質性が個人の責任を曖昧にし、誰もが加害者になり得るとされています。

では、こうした中で図らずも「黒い羊」となってしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

集団を「白い羊たち」と見立てた場合、個人の「黒い羊」が取るべき対処法は――(1)価値や自尊心に対するこだわりを認める(2)勝ち負け・敵味方に対する意識には取り合わない(3)感情的な解釈を交えず接する――に分けられます。

価値や自尊心に対するこだわりを認める

白い羊たちは自己評価を高めることに熱心です。自身が所属する集団が優れているか否かも自身の評価に直結するため、集団の構成要員に訳の分からない人(黒い羊)が入ることで、自分たちの価値がおとしめられてしまうのではないかと脅威に感じるのです。そして、黒い羊を集団から排除することで、自身と集団の価値を守ろうとします。

こうした中に黒い羊として身を置いてしまった場合、白い羊たちの存在や立場、役割を尊重する姿勢を示すことが大切です。

彼らにとっては新参者が脅威なわけですから、自分は安心できる存在であり、彼らを脅かす存在ではないことを折に触れ伝え、彼らに対して敬意を持てる部分は言葉で示すことが求められます。

それでも白い羊たちは「自分たちは上」であることをますますアピールしてくるかもしれません。そんな時は「そうですよね、本当にすごいと思います」と気持ちを受け止めれば、互いの関係性がより良好なものへと発展していきます。

勝ち負け・敵味方に対する意識には取り合わない

白い羊たちは集団でいる限り、黒い羊に対する勝ち負けに非常にこだわります。しかし、そうした優越感は本当の意味での強さではありません。白い羊同士の信頼関係は一見強そうですが、同質性を担保するためにエネルギーを費やしているだけで、形だけのつながりです。黒い羊の存在がなければ非常にもろいといえます。

白い羊は時には黒い羊に対し、刺激的で暴力的な言動や振る舞いを見せるかもしれませんが、それらはすべて自身を優位に見せるためのポーズであり、その場限りの方策であることがほとんどです。

こうした場合、彼らがどれだけ挑戦的に振る舞ったとしても、それには振り回されず、「それは彼らが感じていることであり、彼らの問題であって私の問題ではない」と軽く受け流すことが大切です。

黒い羊への悪口や陰口も行き交うでしょうが、これらは白い羊たちをつなげるものでしかないことを肝に銘じておきましょう。時には「仕事ができないくせに」「上司に取り入って」などと根拠のないバッシングを受けることもあるかもしれません。

不愉快ではありますが、それは気になって仕方がない黒い羊に対する遠吠えでしかなく、相手と同じ土俵に立たないことが大切です。

感情的な解釈を交えず接する

白い羊たちは黒い羊の一挙手一投足が気になって仕方ありません。隙さえあらば傷つけてやろう、ダメージを与えてやろう、と見張っている可能性すらあります。ここでは、ある会社で起きた嫌がらせを例に、対処法を見ていきます。

その会社では共有パソコンで全社員のフォルダが管理され、誰もがそこにアクセスできる仕組みになっていました。ところがある日、日常的に嫌がらせを受けていた男性のデータが突然、全て消去されてしまいました。男性は頭が真っ白になりましたが、白い羊たちの悪行に心を乱されることなく、冷静に対応しました。

男性はすぐ上司に事の顛末(てんまつ)を話し、自分にできることにはすぐ取りかかり、できないことについては上司に指示・判断を仰ぎました。その結果、問題は無事解決し、翌日から通常通り仕事にかかれました。

男性は彼らに文句を言わないどころか、「お騒がせしました」とぺこりと頭を下げたそうです。嫌がらせをした人も、動揺を見せなかった男性を認めざるを得なかったはずです。

もし、男性が感情的になろうものなら、嫌がらせをした白い羊たちは男性を「自分たちの敵」「あの人、歯向かってきた」と見なし、攻撃をますますヒートアップさせていたかもしれません。

男性が白い羊たちのネガティブな行為を上手にスルーし、敵意を見せなかったからこそ、トラブルを最小化できたといえます。

全体への同調より個人の尊重を大切に

黒い羊の出現により、白い羊たちは自分たちの心やプライドが傷つくことを恐れています。そんな彼らに正面から受け入れてもらおうとあれこれ練るよりも、「彼らは傷つきやすい人たちである」「自分は彼らを脅かす存在ではない」ことを理解した上で、彼らがどうしたら安心していられるかを考えて対処した方がいいのではないでしょうか。

普段、カウンセリングを行う筆者は時々、学校や職場で自らが作ったキャラを他人にいじられ、悩み苦しむケースの相談を受けます。こうしたケースの場合、自分の居場所づくりのためのキャラ立てではなく、「相手を刺激しないためのわきまえ」として日々の振る舞いを考えることが、自身の安全と心地よさにつながります。

社会的な事件が起こると、ネットユーザーが犯人を捜して攻撃し、炎上するという昨今の現象がありますが、それも「黒い羊効果」と同じ根を持つ行動のようでもあり、学校で起こるいじめ問題にも通じる危うさを感じさせます。

同質性の高い日本社会では、全体への同調が美徳とされる傾向があります。せめて新しい職場や環境においては、その場を構成する人員それぞれを一人の人間として認め、尊重する感覚を大切にしたいものです。