「医師」と「意志」、 「汚職事件」と「お食事券」。 AIも同音異義語を区別する?

写真拡大

東京オリンピックの喧騒が去った2020年、あなたはどんな生活をしているだろうか?
AIによってシンギュラリティは起きるか? ヒト以上にやさしいAIは登場するか? ヒトとAIはどう共存していくのか?
IT書籍の売上累計が150万部を超える中、2007年に処女小説『エブリ リトル シング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏・韓国での翻訳や2回の舞台化(2008年井上和香、2009年内山理名主演)された作家・ITライターの大村あつし氏。
いよいよ本日、構想・執筆に2年かけた注目のビジネス青春恋愛小説『マルチナ、永遠のAI。――AIと仮想通貨時代をどう生きるか』が出版されるという。
ビットコイン、ブロックチェーン、ディープラーニング……正確な技術論と、その道の世界的権威の見解をもとに緻密に描いた作品で、SFではない、というから注目だ。
実物通貨と仮想通貨、日常と非日常、ヒトとAIの境界線がどんどんなくなりつつある今、私たちはどうやって生きていけばいいのか?
AIは苦手というあなたも、これさえ覚えておけば、周囲から尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
2000年代中盤から「AI」と「IoT」を研究し続けてきた大村氏の特別寄稿をお送りする。
(構成・寺田庸二)

私たちは無意識に
「なんとなく」会話をしている

 今のように、マイクロソフトのワードが市場を寡占していなかった1990年代には、ワープロソフトの開発企業は漢字変換の精度の高さを盛んにアピールしていたそうです(厳密には、漢字変換をしているのはワープロソフトではなく、「IME」という漢字変換ソフトです)。

 当時は、「きしゃのきしゃがきしゃできしゃした」と入力すると、「貴社の記者が汽車で帰社した」と一発で漢字変換できることに多くの人が驚いたそうですが、これは単に漢字変換の優秀さをアピールするために「丸暗記」させていただけで、AIなどとは程遠い極めて原始的な技術です。

 むしろ、こんなに凄い変換ができるのに、「汚職事件」を「お食事券」と誤変換してしまうことに失笑していた人のほうが多かったと聞きます。

 みなさんも、時間のあるときに、Googleで「日本語の同音異義語」と検索してもらうとわかりますが、私たちは想像をはるかに超えた数の同音異義語を日常的に無意識に使用しています。そして、それを聞いたときに、正確に意味を理解しています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)