「長期投資のカリスマ」の財布は驚くほどシンプルだった(撮影:今井 康一)

毎日持ち歩き、お金の出入り口となる「財布」。そこには、その人のおカネに対する哲学や向き合い方が表れがちだ。当連載では、話題の起業家や投資家など一流といわれる人たちが愛用する財布を、それぞれのマネーストーリーと合わせて紹介する。


連載1回目は、さわかみホールディングス代表取締役の澤上篤人氏。1996年にさわかみ投資顧問を設立し、今や運用する投資信託「さわかみファンド」の総資産額は3200億円にも上る。日本における長期投資のパイオニアにしてカリスマ的存在である澤上氏だが、意外にもその財布はシンプルこのうえない2つ折り財布だった。

バーバリーの2つ折り財布は14〜15年選手

「こんなのが面白いのかねぇ」と言いながら、澤上氏が胸ポケットから取り出したのは、バーバリー製の黒い2つ折りの財布。質実剛健という言葉がピッタリの財布だ。14〜15年選手だというが、ダメージはほとんど見受けられず、購入して数年しか経っていないものにみえる。


バーバリー製の黒財布は14〜15年使っている割にはほぼ傷んでいなかった(撮影:今井 康一)

中に入るのはキャッシュカード1枚とクレジットカード2枚、そして運転免許証、コンビニのポイントカード1枚が入るのみというシンプルさ。「普通」と言ってしまえばそれまでだが、そこには澤上氏のおカネへの向き合い方が表れているといえる。

「貧しい原体験があるからか物持ちがよくて、財布は、25年くらいは平気で使い続けます。ブランドにはまったくこだわりません。もともと自分の贅沢には興味がないし、物欲もない。そもそも朝から晩まで仕事ばかりしているから、おカネを使うことがほとんどないんだよね。せいぜい会社の若い連中を連れて居酒屋に飲みに行くくらい。まあ毎晩飲んでいるけど(笑)」


免許証にクレジットカード2枚、コンビニのカード1枚というシンプル・イズ・ザ・ベストを体現している財布だ(撮影:今井 康一)

無駄なものをバッサリ削ぎ落とし、いいものを長く持ち続ける。そうしたスタイルは、まさに創業から現在に至るまでほかに新ファンドを設定せず、ひたすら「さわかみファンド」1本を運用・販売し続けてきた同社の企業スタイルにも通じるのかもしれない。

「貧しい原体験がある」という言葉通り、澤上氏のビジネス人生は順風満帆ではなかった。そもそも、そのスタートからしてマイナスだった。

「17歳のときに工場を経営していた父が他界し、莫大な借金を抱えてしまったんです。なんとか高校・大学を卒業して松下電器に入社しましたが、給料だけではとても返済しきれない。それならということで、スイスに渡ったんです」

現在71歳の澤上氏が渡欧した1970年代当時、欧米の給与水準は日本の10倍近くも高かった。同氏はまずスイス・ジュネーブの国際問題研究所のドクターコースに学生登録したうえで、地元の新聞に「日本人のドクターコースの学生がアルバイトを求めています」という広告を打つ。出稿費用は3万円ほどだったが、一学生の身には決して安い金額ではなかった。

入社から4年で借金を完済、そして・・・

ただ、そのかいあって世界トップレベルの投資運用会社、キャピタル・インターナショナルから声がかかる。投資運用に関する経験も興味もまったくなかったが、アルバイトとして1日2時間・週10時間働くだけで松下電器時代の給料を超えるという好待遇だった。そして、これが後に続く氏の輝かしい投資家人生の起点となる。

「当時のキャピタル・インターナショナルにはものスゴい社員がたくさんいました。彼らになんとか近づきたくて、毎日15〜16時間、土日もなしに働きまくったんです。会社には『報酬は1日2時間分だけでいいから、ずっといさせてくれ』とお願いしました(笑)。すると3カ月も経った頃、逆に会社から『社員になってくれ』と言われて正式に社員になりました」

最初は下働きだったが、寝食を忘れて働くうちに、気づくとアナリスト、ファンドアドバイザーと出世を重ねていった。そして入社から4年も経たないうちに、なんと家の借金は完済していた。さらに、そこでは長期投資の運用術、という大きな「財産」を手にした。

キャピタルで5年間働いた後、日本に帰国。多くの会社から声がかかる中で山一證券に嘱託として入り、世界の富裕層相手のビジネスを4年務めた後、1979年にプライベートバンクの世界的な名門、スイス・ピクテ銀行の日本代表に就任する。ここでは、超富裕層を顧客としたプライベートバンキング事業や機関投資家ビジネスに携わった。

そして1996年に独立し、さわかみ投資顧問を設立。1999年8月には念願だった長期運用を基本理念とした個人投資家向け投資信託「さわかみファンド」の運用を開始する。しかし、このさわかみファンドが、若き日の借金を遥かに超える“大借金”を生み出すことになる。

さわかみファンドを立ち上げるうえでこだわったのが、個人が直接さわかみ投信から買えるものであること。当時の日本では類を見ない直販型の投資信託、いわゆる直販投信であった。

「お客様には運用の哲学をきちんと伝えて理解してもらいたいから、必然的に直販型になる。でもそれだと顧客関連業務やシステム開発が自前となり、莫大な費用がかかる。加えて人気が出れば出るほど資料請求の数も多くなり、1件あたり郵便代を含めると1100円〜1200円もかかってしまう。これがかなりキツいんです。

だから正直、設立後の5年間は完全なる赤字でした。私個人の借金もどんどん増えていき、一時は10億円を超えた。その後ファンドの純資産総額が570億円まで成長した2003年頃、ようやく赤字の垂れ流しが終わったんです」

日本人はなぜ投資に「後ろ向き」なのか

以降、さわかみファンドは飛躍的な成長を遂げ、2018年3月現在、純資産総額は約3200億円、基準価額は約2万6000円にまで達している。

直販投信のパイオニアとして世に登場して約19年が経ち、今や日本国内の直販投信の数は10を超える。顧客から見ると販売手数料がかからず、何よりも個人が長期的に資産を形成する際の大きな力となるという直販投信の魅力は一般に知られるようになった。しかし澤上氏は、道は半ばだと話す。

「この5年ほどでうちの純資産総額は大きく伸びているものの、実は解約の方も約2900億円もある。理由はいくつか考えられますが、日本人の貯蓄信仰の根強さも要因の1つだと思います。『投資はリスクが怖いので、やっぱり安定的な預貯金に戻しておこう』という人がいまだに多くいるのです。

でも今後は若い人を中心にこうした価値観が転換され、うちのような直販投信を利用する人が爆発的に増えるだろうと考えています。だから今はまだ道半ばなんです。まだまだ引退はできないね」

そんな澤上氏が、長期投資のほかにもう1つ提唱しているのが、「カッコイイおカネの使い方」だ。

「経済というものは、おカネを使って、回すことが何より重要です。とはいえ、今は高度経済成長時代とは違って成熟経済だから、みんなモノを買わない。それなら、みんなで貯金の1%を“寄付”しましょうと。

いま日本の預貯金額は約859兆円あるといわれるので、その1%だと8.5兆円になる。これが寄付を通してすべて消費に回れば、それだけで日本の経済は1.7%も成長する。もし預貯金の3%を寄付すれば、5%の成長です。5%成長すれば給料も増え、ますますおカネが回るようになる。これなら絶対に将来は明るい。そうした循環を作らないといけないんです」

「モノよりも『気持ちの満足』におカネを使いたい」

澤上氏は自らモデルとなるべく、2014年にオペラの公演や若き芸術家を支援する「さわかみオペラ芸術振興財団」を設立。さらに2015年には無報酬でさまざまな寄付を受け付けて団体へ届ける「公益財団法人 お金をまわそう基金」を設立。2017年にはオペラ文化の啓蒙活動が評価され、イタリア共和国の星勲章・コンメンダトーレを受章した。


「心の満足におカネを使っているほうが楽しい」と話す澤上氏(撮影:今井 康一)

「おれも若い頃はポルシェが欲しかったし、もしかしたらもう乗れるようになったかもしれないけど、乗っている暇がない。今はモノよりも“気持ちの満足”におカネを使った方がずっと楽しいね。家の借金を返したのに、会社を立ち上げてまた10億の借金ができ、今また3億なんぼの借金があるわ(笑)」

ただ、家計をギリギリでやりくりしている人には、まとまった額の寄付する気にはなかなかなれない、というのが正直なところだ。

「だからこその長期投資なんだよ。まずは身の回りの無駄を徹底的に省いてみればいい。スイーツを減らすとか、飲んだ後の仕上げのラーメンをやめるとか(笑)。そして浮いてきたおカネを貯金するのではなく、長期投資に回す。投資信託であれば1万円からでも買える。それを10年、20年続ければ、複利の効果でお金は思いのほか増える。そうやって経済的な自立を手にすれば、あとは世のため、自分の心の充足のために自由におカネが使えるというわけです」

誰もが長期投資により、かっこよくおカネを使えるステージまでいける。それが澤上氏が導き出したお金の解だ。