ITセキュリティ企業のトレンドマイクロは3日、子どものインターネットにおける非行・被害防止活動を効率的に推進するため、警視庁と契約を締結したと発表した。

【こちらも】国内のサイバー犯罪、17年は350万件以上の情報漏えい 人やプロセスに脆弱性

 今回の契約により、両者は「〜みんなで学ぶ〜TOKYOネット教室」として、東京都内の小・中・高校等で子どもの情報モラルの向上と規範意識の醸成を図るためのセミナーを共同実施する。

 また、保護者や教職員へも広報啓発を推進し、家庭や学校でのインターネットやスマートフォン等の利用に関するルールの策定・遵守の重要性及びフィルタリングの有効活用等に関する情報発信を協力して実施。

 その他、子どもがより安全に安心してインターネットを利用できるようなセキュリティ教育に努め、インターネット・アクセス等に伴う危険から子どもを守るための取組を積極的に推進するいう。

 トレンドマイクロは、2004年から子どもの安全なインターネット利用を支援するさまざまな取組を実施している。具体的には、夏休みセキュリティ教室の開催や、全国の小・中・高校を対象にした「セキュリティ講師派遣」、子どものスマートフォンやインターネット利用に不安を抱えている保護者向けのイベント「保護者向けセキュリティカフェ」などの開催である。このほか、セキュリティ動画やポスターコンテスト「What's Your Story」などの活動も展開している。