恋愛においては、やはりある程度の“積極性”が必要になってくるもの。あまりにナイーブな性格の人は、その感受性ゆえに恋のチャンスを逃してしまうことも……。できることなら、恋のチャンスはしっかりと掴みたいものですよね。


出典: NOSH(ナッシュ)

そこで今回は、占い師の筆者が、“ナイーブな人が持っている相”についてご紹介いたします。

 

■1:感情線がクネクネと波打っている…自分の思いを伝えるのが苦手で誤解される相

感情線に支線や乱れがなく、一本の線が曲がりくねっている相の持ち主は、人の気持ちを推し量ることはできるのですが、それを表現したり、自分の思いを伝えたりすることが苦手なタイプ。静かで大人しい性格で、コミュニケーションがやや不得意かも。誤解されたり冷たい印象を持たれたりといったことが少なくないかもしれません。異性と接する機会を増やし、笑顔の練習を心がけてみて。まずは自分に自信をつけることが大切です。

 

■2:知能線上にほくろがある…考えすぎてとりこし苦労をする相

知能線上のほくろは、考えすぎる傾向にある人に多いとされています。人差し指の下にほくろがあると、神経質な性格で、人間関係でのトラブルに巻き込まれがちかも。中指の下のほくろは、優柔不断な性格で、とりこし苦労が多いことの暗示。また、薬指の下にあるほくろは、繊細な性格ゆえに恋人やパートナーのことを必要以上に疑ってしまう性格を示すもの。そして、小指の下にほくろがあると、妄想癖があり、時に周囲を驚かせることもあるようです。

 

■3:「月丘」の下部に数本の「放縦線」が出ている…繊細すぎて心身が衰弱しやすい相

小指下部の“月丘”のさらに下の方を横切る“放縦線”は、考えすぎによって心が疲れきっていることを示しています。さらに、この“放縦線”が2、3本あった場合、事態はさらに深刻です。疲労が極限にまで達し、心身ともに著しく衰えている状態かもしれません。働けなくなったり、恋愛を楽しめなくなったりするなど、生活に支障が出るほど極端にパワーダウンしているおそれが。休暇を取ってリフレッシュするよう心がけて。

 

■4:知能線の中央あたりから線が薄くなる…ナイーブで優柔不断な性格の相

知能線が手のひらの中央で終わったり、線が薄くぼんやりしたりしているのは、精神的な弱さを表しています。そのため、恋愛のシーンにおいても決断力に欠け、粘り強くアタックすることが苦手で、自分から諦めてしまうことも多いかも。本命になれないのは、ナイーブな性格が原因のひとつかもしれません。明るい友達と一緒にいたり、楽観的な男性と付き合ったりすることで性格が改善されるでしょう。

 

もしあなたの手のひらにこれらのサインが出ていたら、何事も楽観的に受け止めるように心がけてみてください。物事には必ず二面性があります。ネガティブなところばかりに目を向けていると、いつまでもクヨクヨと思い悩んでしまうでしょう。できる限りポジティブな面に目を向けるようにしてみてくださいね。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ