2018年も4月に突入。3月まで学生だったフレッシャーズが新たな環境の中で、新社会人として歩み出す季節だ。しかし、ネット上では入社早々、会社をやめてしまった新入社員に関する報告が多数投稿されている。

多くの会社で新入社員の入社日となった4月2日、Twitterには、このような投稿があった。

“知り合いの会社の新入社員がすごい速さでやめた”
“うちの新入社員。 入社式バックレた〜”
“今年入った新人さん辞めるのはやいwwwwwwまだ入社して2日wwwwwww”
“うちの新入社員も昨日バックれられました/(^o^)\”

といったように、入社初日、もしくは入社から数日で新入社員がやめてしまったというツイートが数多く投稿されているのだ。

こんなツイートに対して、

“そろそろ1日目にやめた新入社員の話題飽きる”
“新入社員やめたツイート多くない?((”

など、新入社員がすぐにやめたという内容のツイートが多すぎると、うんざりするネットユーザーも多い。さらには、

“新入社員やめたツイートはほぼほぼ嘘だよ 2か月くらいしてから増えてくるのは真のやめたツイートだよ”
“初日に消えるってそいつに問題あるのか会社に問題あるのかわからんけど。というかネタなんじゃないかと思ってしまうけど本当にそんな人いるのか。”
“いくらなんでも頑張って就活したのに初日で辞めるはネタでしょ”

と、あまりにも「新入社員が初日にやめた」系のツイートが多いため、ほとんどが創作ネタなのではないかと、疑いの目を向ける人も多いようだ。

これらのツイートの真偽は分からないが、毎年4月の初めに「新入社員が初日でやめた」というツイートが数多く投稿されるのは、もはや定番になっている。“新入社員の即ヤメエピソード”は、ネットにおける“春の風物詩”となっているのだ。
(小浦大生)

■関連リンク
・「新入社員 やめた」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E6%96%B0%E5%85%A5%E7%A4%BE%E5%93%A1+%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%9F