恋愛のその先のゴールである「結婚生活」。そこから逆算したパートナー選びの極意をお届けします。

写真拡大

結婚生活10年“今だから言える”幸せになれる結婚相手選び

早いもので私も結婚して10年が経過しました。イベントや執筆・取材においては恋愛文化、恋愛市場に触れながらも、一方プライベートの方では“結婚生活”“子育て”とこの10年間向き合ってきました。恋愛の先にはこのような「結婚」「子育て」「家族仲間とのレジャー」といったゴールがあります。

そのゴールの形もさまざまですが、1つだけ言えることがあります。それは「一緒にいることによって人生の幸せが倍増している夫婦」と「そうではない夫婦」がいるということです。ここでは「恋愛の先にある“結婚生活”から逆算した幸せな恋愛術」について考えてみたいと思います。

私が30代40代の「夫婦」「家族」との触れあいから感じたことを述べていきたいと思います。結婚する前、子育てする前の10年前には、気付かなかった「今だから言える幸せになれる結婚相手選び」のポイントについてお送りします。

結婚生活がワクワク楽しくなる夫の選び方

“一緒に楽しめるレジャー”を積極的・計画的に探す意欲のある男性を選ぼう!

結婚を前提とした恋愛をするなら、休日に一緒に楽しめる趣味やレジャーを“ワイワイ相談しながら一緒に探し出せる男性”が断然オススメです。そして一緒に楽しめる趣味を見つけ出した後に、しっかりレジャーと“計画的に積極的に向き合える男性”であることも重要です。

なぜそれほど“遊びに対して計画的、積極的”じゃないといけないか? それは「疲れたり、惰性になったり年齢を重ねたりすると、夫は必ず楽な決断をするから」です。

たとえば子供が生まれると小さいうちはお出かけも大変。ベビーカーを押すことも億劫になり、どこにも出かけなくなるといった現象が生じます。楽しむことに消極的になってしまうのです。こうなると結婚生活の“ワクワク度”が乏しくなるのは言うまでもありません。

まだ子供がいない「交際中」のうちから週末を「インドアで消極的に過ごすタイプ」の彼は、結婚してから家の半径100メートルしか出歩かない週末を過ごすタイプの可能性もありです。

付き合いのゴルフに出かける以外は家でゴロゴロ、テレビを見てメタボリック路線まっしぐらになる可能性があります。ベビーカーが重いから……と家の近所をブラブラするだけの週末になる可能性も懸念しないといけません。

そう考えると仕事の疲れなど、ちょっとやそっとの障壁になんかめげずに“人生楽しまなきゃ損!”的に、計画的積極的に“家族レジャー”を一緒にこなしてくれそうな男性を選んだほうが良いのは言うまでもありません。

結婚生活がワクワク楽しくなる夫の選び方

利害関係を度外視した長い付き合いの仲間がいる男性を選ぼう。

30代後半〜40代になると「会社の自分を取り去ったら何も残らない」という男性が増え始めます。つまりアイデンティティが仕事しかなくなる夫たちです。仕事熱心なのは良いことですが、こうなると「なんとも言えない殺伐感」が夫の存在から立ちのぼります。

たまに家族で遊びに出掛けても話題の広がりも乏しく、発想も面白みがなく、はしゃぐこともなく、一緒に居ても“つまらない夫”と化すのです。

こういうタイプに「OFFはきちんと切り替えたら?」と言うと、「休日に家族や昔の仲間と遊ぶと疲れる」という答えが返ってきます。「一定の法則性の中でコトが進む仕事に費やした方がストレスが少ない」というのです。ある程度、言うことを聞く部下、考えて指示を出すだけで進む事象。

たとえおべっかとわかっていても「打てば響く会話」、それらに慣れてしまった“働き盛りの男”の枯れ果てた休日の姿です。

どのような男性がこのような残念な状況になってしまうか、その答えは単純です。「なんでも話せてときには悪ふざけが一緒にできる、利害関係を度外視した長い付き合いの仲間がいない男性」です。いつもいつも仕事関係の人しか交流せず、上滑りな会話を繰り返し、人生を腹の底から楽しんでいない男性です。

もちろん仕事場にそういう仲間がいるケースもありますが、やはり仕事の波長を引きずると“休日の楽しみ”は腹八分目が限界です。“楽しいパパ”になるかどうかを見極めるには「なんでも話せてときには悪ふざけが一緒にできる、利害関係を度外視した長い付き合いの仲間」の存在を確かめるしかありません。

そういう仲間と会うたびに躍動感に満ちた本当に自分に戻れる! そんな男性を選んだほうが、結果的に妻になるあなたも、そして子供たちもHAPPYになることができるというわけです。

結婚生活がワクワク楽しくなる夫の選び方

ご近所の人と楽しく会話を広げられる“人間性”を持つ男性を選ぼう。

ご近所付き合いができない夫を持つことで強いストレスを抱える妻たちがいます。

「うちの旦那、どうしてああやって挨拶できないんだろう?声が小さいし、挙動不審。ママ友紹介するたびにヒヤヒヤしちゃう」

「せっかく幼稚園の集まりに来ているのだから、笑顔で多少の世間話を楽しめばいいのに、苦虫をつぶしたみたいな顔して」

「近所の家族さんを家に呼んでお食事。夫はほとんど自分から話題を振らない。不機嫌なの?とか帰ってほしいの?とママ友から聞かれちゃった。常識的な会話の盛り上がりができないんかい!」

夫のコミュニケーション能力、会話を楽しむセンスのなさに辟易している奥様が多くいます。日本人特有と言えばそうで、仕事以外の会話ができず、会社というコミュニティの中でしか会話ができない。

そういう夫を選ばない方がストレスは小さくて済むようです。社交性のあるホントの意味で成熟した男性を選ぶほうが「楽しく健全にご近所ライフを堪能することができてワクワク度が増えること」は言うまでもありません。挨拶もできない夫を持つと、他のご近所さんとの付き合いも危ぶまれます。

「あそこのうちの旦那さん、あまり盛り上がらないし、間が持たないからご一緒するのやめとこう」とあなたのママ友の夫がNGを出すことも珍しくありません。このケースが実際に多くあります。夫に足をひっぱられないためにも人と楽しく会話を広げようとする姿勢のある男性を選ぶのがポイントですね。

結婚生活がワクワク楽しくなる夫の選び方

子供と一緒に無邪気にはしゃげる男性を選ぼう。

周囲を見回すと、「子供とはしゃぐのが上手で人気者のパパ」と「はしゃぎ方がわからなくて子供から放置状態のパパ」がいることに気付かされます。いかにも淡々とした旦那さんが、奥さんから「あなた子供とはしゃぐって、ああやってやるのよ? できる?」と怒られている姿を目にすることがあります。

「情操教育どうしよう?感情表現が乏しい子になっちゃう」そんな言葉で追い打ちをかけられています。その突っ込みに対する夫のリアクションすらもぎこちなく――目も当てられない空気です。

旦那はかわいそうですが、奥さんの気持ちもわかります。社会的なものはすべてを持っている男なのに、人間として当たり前にあるはずの感情表現がない――そんな夫に妻はイライラせざるを得ないようです。夫になる男に必要なのは「適度なはしゃぎっぷり」と「無邪気さ」です。

「カッコつけ」や「二枚目路線」「インテリ路線」に凝り固まった男の個性は子育て中の女性のイライラを招くようです。とくに“いじられ禁止”タイプの融通の効かない男性は、「子供と戯れる」のはとても苦手です。そういった意味で、結婚相手には自分を崩せる三枚目キャラがあるかどうかをしっかり確認する必要があります。

さあ、いかがでしたか? 私とその周囲の結婚生活10年間を振り返りながら「幸せになる相手」の選び方をお届けしました。「今になってわかること」「結婚する前はわからなかったこと」を中心にお届けしました。ぜひ参考にしていただけましたら幸いです。
(文:潮凪 洋介)