画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本は4月3日、中央快速線について、グリーン車サービスの開始時期と車内トイレの設置について発表を行った。中央快速線(E233系通勤電車)と中央快速線と直通運転を行う青梅線の全列車の普通車にトイレを設置する工事を2018年度以降に開始する。

20020年度のサービス開始を目指していた中央快速線などへのグリーン車サービス導入は、バリアフリーなどの他施策との工程調整や関係箇所との協議などにより、サービス開始時期を延期していた。今回、2023年度末のサービス開始に向け、工事に着手することになった。

また、中央快速線(E233系通勤電車:オレンジ帯の電車)、中央快速線と直通運転を行う青梅線のすべての列車の普通車にトイレを設置する工事を、2018年度以降、2023年度まで順次行う。トイレ設置が完了した列車については、2019年度末以降にトイレの利用が可能になる。

東京より4両目・5両目に2階建てグリーン車を連結し、4両目のグリーン車と6両目の普通車にトイレを設置する。