ブルボンヌ●女装パフォーマー、エッセイスト。新宿2丁目で「Campy! bar」をプロデュース。「オンナnoミカタ」(NHK第1ラジオ)メインパーソナリティー、「100分de名著」(NHK Eテレ)などに出演。

写真拡大

仕事や私生活での「モヤモヤ」を、識者が解決する「プレジデントウーマン」の好評連載。今回の回答者はブルボンヌさん(女装パフォーマー)です。

【今回のご相談】
9月に転職しました。技術職なので男職場で、部内の女性はSさん(38歳)だけ。「何でも聞いてね」と最初は優しかったのに、Sさんが休憩中に急ぎの案件があり、男性社員のAさんに助けてもらったら、「なんでAに相談するの」と急に不機嫌に。以来、挨拶しても無視されています。部長に相談しても、「女同士うまくやって」と言うだけで……毎日が憂うつです。[31歳・IT・Spica]

■まっすぐぶつかるか、無視して見下すか。腹をくくるのよ!

技術系の男性だらけの職場って、女性がいわゆる「オタサーの姫」になりがちよね。Sさんも、紅一点として扱われてきたのに、後輩の登場で風向きが変わって、面白くないってところかしら。

女性の38歳といえば、自分が異性のターゲットから外れつつあることを意識してしまう微妙な年頃。同僚たちの関心が、31歳のあなたに移っていくのを敏感に感じて、ピリピリしていたでしょうね。あなたはたぶん、そんなSさんの気持ちを逆なでしてしまったのよ。たとえばAさんに助けてもらったことを、少しうれしそうに報告したとか……。

私の読みでは、Aさんは、Sさんのお気に入りなのよ。だって、「なんでAに相談するの?」って名指しで怒ったんでしょ。どうでもいい男なら「ふーん」で終わってたと思うけど、気になる相手なら、「いない隙に私のAと親密になりやがって」って感情が起こる。いや、もともとSさんのものでもないんだけど。

そういう面倒くさい先輩のいる部署に配属されてしまったのは、もう“不運”としか言いようがないよね。ただ、ちょっと勘が鋭ければ、自分の立場がかなりの確率で敵視されるってことを予測して、うまく立ち回る方法もあったと思うのよ。

■「前向きなヒロイン」になるか「計算高い悪女」になるか

お菓子を差し入れしたり、爪や髪をほめたり、LINEでかわいく感謝したり。技術職の男にはまねできない“女子らしい気づかい”をバンバンしていれば、「女の子が来てくれて楽しいな」となってたかも。新宿2丁目でもベテランママへのケアは基本だもの。

だけど「挨拶を無視する」まで深刻になると、簡単には修復できないわね……。本当に何とかしたいなら、「いまの状態は寂しいから、嫌かもしれませんけど、飲みに行きませんか」って懐に飛び込んでみるのもあり。意地悪パイセンだからこそ、うまく心をさらけ出せば、2人で酔いつぶれて「男どものバカヤロー!」って叫ぶような展開になるかも。

「そこまでして仲良くなりたくない」って思うなら、無視されようがケロッとして、男性社員とワイワイ楽しくやっていけばいい。てか正直、部長にいじめを相談しちゃってる時点で、そういうタイプじゃない? 部長からSさんに伝わったら事態は悪化するに決まってるもの。「私は若さを武器に、部内の男を全員味方につけてやる」って開き直るのも向いてるかもよ。「前向きなヒロイン」と「計算高い悪女」、どっちでいくか、はっきり決めちゃいな!

(女装パフォーマー/エッセイスト ブルボンヌ 構成=中津川詔子 撮影=加藤 梢)