画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●700名以上の新入社員が参加

4月2日、新年度がスタートし、多くの企業で新卒者を社員に迎えたことだろう。それにともない、入社式を実施した企業も相当数にのぼるはずだ。

近年は売り手市場といわれるほど、企業が人を集めている。言い換えると、求人活動を行っても人が集まりにくい状況にある。そんななか、700名以上の新入社員を確保し、ド派手な入社式を行った企業がある。化粧品最大手の資生堂だ。

資生堂といえば、常に就活生からの人気が高い企業だ。「マイナビ2019」の文系総合ランキングでは11位だが、女子からの人気が高く、文系女子では第4位、理系女子では1位という結果となっている。化粧品をメインに扱っていることを考えれば、女子学生からの人気が高いことは至極当然だろう。

そんな資生堂が入社式を行った。一般的に入社式のような社内行事にメディアが呼ばれることはあまりないのだが、2年続けて入社式に招待されたので、今年の様子をレポートしよう。会場となったのは、舞浜アンフィシアター。2,100以上もの客席と、客席との一体感を演出できる舞台を備えたシアターだ。ちなみに昨年も500人以上の新入社員を迎え、この場所で入社式が行われた。

舞浜アンファーシアターのステージ。空いている客席は、これから新入社員が座るところだ

入社式会場は、新入社員の熱気であふれていた。何しろ700名以上が集り、入場するために長蛇の列ができていた。その列を横目で見ながら会場に入ると、すでに多くの方々が入場していたが、彼らは新入社員ではなく、先輩社員だということだ。グループ連結で約46,000人を数える資生堂だが、これから同僚となる社員の入社を祝おうという社員が1,000人以上も集まったというから、同社の社風が伝わってくる。

入社式は新入社員の入場から始まった。この際、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO 魚谷雅彦氏が通路に立ち、一人一人とハイタッチしていく。何しろ700人以上とのハイタッチだ。魚谷社長は手のひらが痛くなったであろうが、新入社員にとっては、いきなりトップとのコミュニケーションだ。この瞬間を心に刻んだに違いない。

その後、舞台に立った魚谷社長からプレゼンテーションとなった。それによると、資生堂は業績を拡大させ、2017年はついに1兆円超の売り上げになったという。さらに2020年までには1兆2,000億円の売り上げを目指すとした。そのための成長戦略として「ブランド事業のさらなる選択と集中」「デジタライゼーションの加速・新事業開発」「イノベーションによる新価値創造」「世界で勝つ、人材・組織の強化:“PEOPLE FIRST”」「グローバル経営体制のさらなる進化」の5本を進めていくという。

○グローバル戦略に注力する資生堂

プレゼンを行う魚谷社長

なかでも力がこもっているなと思ったのがグローバルに対する姿勢だ。まずはアジアで「Made in Japan」のコスメティクス・パーソナルケアブランドとしての地位を築き、2030年に向けて、資生堂を世界で最も信頼される会社にしていきたい考えだ。

今回、入社式に参加した新入社員にもその意識が見て取れた。というのも、魚谷社長はプレゼン中に、「グローバルな舞台で戦ってみたい方は?」という問いかけをしたところ、新入社員の4割ぐらいが挙手をした。グローバルで活躍したいという、新入社員の熱気が伝わってきた。

●和太鼓にフラッグセレモニーという演出

その後、ますますド派手さが増していく。まずステージの真ん中がせり上がり、和太鼓が登場。そしてフラッグセレモニーが和太鼓を中心に展開された。こじつけかもしれないが、和太鼓が日本、そしてフラッグがグローバルを表しているのかもしれない。和太鼓を中心にフラッグが取り囲む様は、Made in Japanをグローバルに広げるという表現のように思えた。

○資生堂のCMに出演するモデルも登場

会場の熱気が最高潮に達したのは、資生堂のCMを務めるモデルらが登場したとき。「マキアージュ」のCMに出演する白石麻衣さん、「エリクシール ルフレ」のCMに出演する吉岡里帆さん、「シーブリーズ」のCMに出演する中川大志さんがそろって姿を見せると、会場からはひときわ高い歓声が上がった。

そして、新入社員全員が一人5秒という短い時間ながら、抱負を語っていく。スラスラと語る方もいれば、緊張を隠し切れていない方もいて、初々しさを感じた。

さて、資生堂がこれほど派手な入社式を行った理由を考えてみた。もちろん、新入社員の士気高揚というのが第一義だろうが、「よい企業」という印象を新入社員に植え付ける意味もあったと思う。前述したとおり、人手不足が深刻になりつつある。屈指の人気企業である資生堂ならば今後も就活生が集まるだろうが、入社式の様子を大学OB・OGから話を聞いた学生は、より一層、資生堂に興味を持つのではないか。