ソニー、スポティファイ上場で評価益・売却益約1050億円の見込み

写真拡大

[東京 4日 ロイター] - ソニー<6758.T>は4日、子会社のソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が一部株式を保有する音楽ストリーミング配信サービス世界最大手スポティファイ<SPOT.N>の米国上場で、2018年度第1・四半期に計上される可能性のある株式の評価益・売却益が約1050億円になるとの試算を発表した。

SMEはスポティファイ上場時点で、発行済み株式総数の5.707%を保有。そのうち17.2%を売却した。