代表の花乃こゆきさんは「アメリカ帰りのシティーボーイ」(「まほうにかけられて」ウェブページより)

写真拡大

新しいタイプの「女装バー」が人気だ。東京・池袋に誕生した店のコンセプトは「呪いにかけられて女の子になってしまった」というもの。女性のようにメイクをして、ドレスで着飾ってはいるが、その中身は女性を恋愛対象にする男性だ。なぜ女性たちは「女装男子」に惹かれるのか――。

■メイクしドレスを着る男たちとのチェキ撮影は1枚700円

池袋にある、客が20人ほど入れば満員となるバー。カウンターの中にいる数人の男性たちが、女性客と楽しそうに話し込んでいる。彼らと一緒に1枚700円の「チェキ」を撮る客もいる。いわゆる「イケメンバー」ではしばしば見られる光景だが、この店には大きな違いがある。男性たちは皆、女装をしているのだ。

▼「呪いにかけられ女の子になった男の子たち」に会いたい女性客

このバーは、女性向けのアニメグッズや同人誌ショップが多い「池袋乙女ロード」の一角にある「まほうにかけられて」。地下に降り、店の扉を開くと、そこには女性と見まごうほどのかわいらしい女装キャストたちがいて、「いらっしゃいませ」と声をかけてくる。

この店のコンセプトは「呪いにかけられて女の子になってしまった男の子たち」というもの。2016年8月にオープンし、今では10人ほどのキャストが在籍している。最近は客席がいっぱいになることもしょっちゅうだという。

チャージは1時間800円。ドリンクとフードは500円から。メニューの中には「飲むと3分だけ男に戻るドリンク」「3分だけさらに女っぽくなるドリンク」などのオリジナルアイテムがあり、それをお目当てのキャストに飲ませると、ショーアップした彼らの姿を楽しめことができる。また「2時間飲み放題+フード3品+デザート」という「魔法の女子会プラン」(3500円)もある。

代表の花乃こゆきさんはアメリカの大学でカジノ学を専攻したアクティブな人である。

花乃さん自身も女装をしている。女装を始めたきっかけは、小柄でかわいらしい顔立ちの彼がなんとかしてアメリカで女性と親しくなるための作戦だったという。女装をして女性が大勢集まる場所に行き「実は自分は男性なのだけど、女の子に憧れているんだ」などと打ち明けると、彼女らは親身になって話を聞いてくれ、仲良くなれたのだそうだ。

▼江戸時代も女装男子に女性が胸を焦がした

店長のしのんさんも同様で、以前はモテなかったが、イベントで女装をしたら女性たちから「かわいい」などと話しかけられ、この姿ならイケる、と目覚めたのだという。色白で筋骨隆々としていないタイプの男性であれば、女性の格好をすると美人に化ける可能性があるそうだ。

女装をする男性に群がる女性をおかしな現象と見る向きも多いだろう。だが、見目麗しい女装に女性が胸を焦がす姿は、今に始まったことではない。

江戸時代、歌舞伎の若手役者らは、大店の後家などの裕福な女性客にかわいがられていて「役者買い」という風習もあった。大枚をはたけば、彼らを茶屋や自宅に呼ぶことができたようだ。

歌舞伎の代表的な演目のひとつが「女形」だ。美女を演じる男に女性が夢中になる姿はこの頃から見受けられていた。前述のこゆきさんが女装男子のバーを開こうと思いついたのも、今でも女形を演じる役者さんに女性ファンが多く付き、大盤振る舞いをする人もいると聞いたことがヒントとなったのだという。

■「私よりキレイ」フリルとリボンの男子に魅了される

「僕たちの女装は武装なんです」とこゆきさんは言う。「僕たちは実は肉食で、草食男子ではないんです。恋愛対象は女の子だし、モテたいからこそ女装をしている」のだそうだ。

ゲイタウンなどにある女装バーの男性スタッフの恋愛対象は大抵男性なので、ここが大きな違いである。フリルとリボンが付いたロマンティックな衣装は、異性である女性の目を引くための戦闘服だという。「女装をするとモテる」ということを不可思議に感じる人も多いかもしれないが、私はこの話には、思い当たる節があった。

私が原作・脚本を手がけた舞台『男おいらん』は、幕を上げるたびに満員となる人気作で、何度も再演されている。客層は9割が女性。観客の女性たちは、男性役者たちが遊女姿で舞い踊るのを食い入るように見つめている。この舞台のオーディションには多くの役者のエントリーがあるが、彼らのほとんどが「遊女役をやりたい」と言う。屈強な男性であってもだ。なぜか。それは女装をすると人気が出るからだ。

▼普通の女性が女装男子を愛でたくなる心理

『男おいらん』の舞台は江戸時代。「裏吉原」という架空の場所に売られてきた美少年が、男遊女となって客の相手をつとめる、という設定だ。男遊女を演じる役者は、女ものの着物をまとい、化粧もする。つまり女装に近い。終演後は好みの役者と写真を撮ることができるが、日を追うごとに男遊女役の人気が上がっていく。「女よりきれい」だからこそ、ファンが増えるのだ。

女性は美しく着飾ることで男性の気を引こうとする一面がある。しかし男性が女装し、自分以上に美しくなってしまったら、立つ瀬がない。同じ土俵で勝負された末の完全なる敗北感は、その瞬間、彼への敬意や好意に変わる。この人に自分は外見ではかなわないと悟ることで気持ちが楽になり、彼の美を素直に愛(め)でたくなってしまうのだ。

▼女装男子ドラマ・映画も人気 菅田将暉の女装に熱狂

東村アキコさんのコミック『海月姫』にも、女装の達人、鯉淵蔵之介が登場する。映画版では菅田将暉さんが、テレビドラマ版では瀬戸康史さんがこのキャラを華麗に演じ、女性たちをうならせた。この蔵之介もまた、女装はあくまでも趣味であり、恋愛対象は女性という設定なのである。

とはいえ、ただきれいに女装をしただけでモテるわけではない。「まほうにかけられて」の経営者のひとりであるニャンリオさんは、以前ホストクラブのホストだった経験を生かし、リズミカルなトークで切り込んでいく。前述のしのんさんは大型家電量販店の店員だったので、セールストークは得意だ。店内ではあちこちから女性客の笑い声があがる。人を楽しませる話術があってこそ、客は足を二度三度と足を運ぶのだろう。

■看護師、保育士、介護福祉士の女性客が目立つ

客層の中心は10代から30代の女性。特に看護師や保育士、介護福祉士など、対人サービスを強いられ、精神的な負荷が大きい職業の人が目立つという。「僕たちはテーマパークのアトラクションのようなもの。楽しくなり、一緒に騒いでいるうちに、鬱憤が晴れたという人が多いんです」(こゆきさん)。

世のイケメン事情に詳しいラジオパーソナリティーの沖直実さんは、女性が女装男子を好む理由について「男性なのに、女性との距離が最初から近く、すぐ女同士のように打ち解けられるところ」と説く。時々不意に出る男らしさとのギャップに女性は萌えてしまうのだそうだ。確かに格好を女性に寄せるだけで、心理的距離が一気に縮まることは間違いない。こちらの領域に歩み寄ってもらえたようなうれしさがあるのだろう。

▼女子トークができ、男性の立場で恋愛相談に乗ってくれる

私も女装上手な男性とは何でも気軽に話せる。洋服はどこで買うのか、化粧品は何を使っているのかという「女子トーク」もできるし、男性の立場から恋愛相談に答えてもらうこともできる。「僕たちはファッションやメイクをもっとこうしたほうがいいよ、ということも率直にアドバイスします。女の子同士だとマウンティングするので、なかなか本音を出せない。かえって女装男子だからこそかえって話せるということも多いんです」(こゆきさん)。

マルチに対応できる話術に加え、女性客に喜んでもらうためには外見を磨く努力も怠らない。ニャンリオさんは「職人気質で女装しています」という。きれいな女装を見せれば女性たちから「かわいい!」と歓声が上がる。そのためなら脱毛もするし、ブラジャーもする。胸の膨らみがあったほうがスタイルのバランスが取りやすいからだ。メイクも最初から上手だったわけではなく、いろいろな人に教えてもらって練習し、今の姿がある。一朝一夕で今の人気ができあがったわけではないのだ。

一番のポイントは、彼らは女装をし、女性から「女よりきれい」と絶賛されたとしても、女性への敬意を決して忘れないところにある。女性にはかなわないと思うことは多々あるのだそうだ。それは体の丸みや妊娠という身体的なことだけではない。人に尽くす慈愛の精神に感動するという。自分にはあれほど辛抱強く長期間人の世話をすることができないと思い知らされるのだという。自分がリスペクトされているということは、女性にも伝わる。だからこそ安心して遊べるし、心も開けるのだ。

▼ライオンも孔雀もオスのほが豪華で立派

女装がなぜモテるか理解できないという人は多い。そういう人にはこゆきさんは「ジュリー(沢田研二さん)も女装や化粧をして、女性からキャーキャー言われてましたよね」と説明する。「動物を見ても、オスのほうが派手なんですよ。孔雀も羽が豪華なのはオスです」と話す。確かにライオンもオスだけがたてがみが立派だ。そのように力説されると男が着飾ることのほうが自然に思えてきてしまうから不思議である。

江戸時代の浮世絵には、振り袖をまとい、街をさっそうと歩く若い男性の姿が何枚も描かれている。役者だけでなく、一般の男性もファッションとして女物を着ることがあったようだ。その格好をすれば女性にモテたからではないだろうか。近い将来、現代の東京でも、女装姿の男性は珍しくなくなるかもしれない。

(作家・脚本家・イケメン評論家 内藤 みか)