「MWC2018」で存在感を示していたZTEの展示ブース

写真拡大

 世界知的所有権機関(WIPO)が今年3月末に発表したレポートは、日本社会に大きな衝撃を与えた。2017年の特許出願数で、中国(4万8882件)が日本(4万8208件)を上回り、米国(5万6624件)に次ぐ2位に浮上したというのだ。発表された特許出願数上位15カ国のうち、前年比2桁成長を記録したのは中国(13.4%)のみ。このペースでいけば、数年後には米国をも上回ると分析されている。

◆最先端のテック系イベントでも目立つ中国企業

 テクノロジー分野における中国の存在感は、世界各国で開催されているテック系大型イベントでも日々増し始めている。1月に米ラスベガスで開催された世界最大級の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2018」(以下、CES2018)には、世界各国から約4500の企業・団体が参加。そのうち3分1を占める約1500社超が中国勢となり、さらにそのうち500社近くが「中国のシリコンバレー」と呼ばれる深センを拠点とする企業群だったとされている。CES2018に参加した中国企業は、家電や通信、ドローン、サービスロボット分野など多岐にわたったが、その出展企業数の圧倒的多さから、CESの頭文字をもじって「China Electronics Show(チャイナ・エレクロニクス・ショー)」とさえ一部で呼ばれはじめている。

 2月末からスペイン・バルセロナで開催された通信端末&機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス2018」(以下、MWC2018)でも、中国企業の存在感が目立った。なかでも、ともにイベントのメイン級スポンサーを務め、会場の目立つ場所に巨大なブースを構えていたファーウェイやZTEのそれは別格だった。サムスンやLGなど、自国にも世界有数の通信系大手企業を抱える韓国メディアの多くは、「MWCでは、ファーウェイやZTEなど中国企業が会場の注目を集めた」とMWCを総評。5G時代の主役になるだろうと口を揃えた。

 なお、ファーウェイ、ZTEは、前述の世界知的所有権機関のレポートで、企業別特許申請数ランキング1位(ファーウェイ、4024件)と2位(ZTE、2965件)を独占している。ちなみに3位は米インテル、4位は三菱電機だった。同レポートはMWC後に発表されたものだが、自国企業より「中国企業の存在感が大きい」と報じた韓国メディアの分析は、ある意味、的を射ていることになる。

◆見逃せないテック系イベントの経済効果

 MWCには多くの日本企業出展社および関係者が参加していたが、そのうちのひとりからは、興味深い話題も語られた。MWCが開催国に与える経済効果についてだ。

「MWCは世界最大級の通信系イベント。開催国にもたらす経済効果も大きく、例えるなら、通信産業界のオリンピックです。スペインだけではなく、さまざまな国が誘致に力を注いでいる」

 各年によって分析に数字的な差があるものの、ここ数年では、世界各国から10万人以上の参加者(一般参加者はひとりあたり最低約10万円のチケットを購入)が集まり、その全体的な経済効果は約4億7000万ユーロ(約616億円)にのぼるとされている。またMWC開催によって開催国に生み出される臨時雇用者数は、毎年1万人以上との分析もある。

 ちなみに、現在の開催地となっているバルセロナは、カタルーニャ独立運動などで政情が不安定。そんな、政治的、経済的に「暗いムード」を打ち消すために、MWC開催がメディアによって大々的に報じられているという構図がある。実際、バルセロナの市中の人と話してみると「MWCに来たのか?」と、多くの人がそのイベントの存在をよく知っているようだった。

「現在、フランスなどもMWCの誘致合戦に名乗りを挙げているとされています。いずれにせよ、欧州各国で開催されるイベントで中国企業の存在感が増し続ければ、知名度やビジネスにおける地位はさらに確固としたものになっていくかもしれませんね」