リラックスを求めて、あるいは体型維持のためになど、ヨガには女子を惹きつける魅力がたくさんあります。ネットで多くの情報を見て、教室やスタジオに通ってみたいというビギナーさんもたくさんいることでしょう。
そんなヨガビギナーに、ヨガ講師のみなさんがまず知って欲しいと望んでいることをまとめてみました!

ビギナーさんにまず知って欲しいこと

1. ヨガレッスンや講師の方針や考え方について、共感できるものを選ぶようにしましょう

一口に“ヨガ”といっても、ゆったりとした流れのものから、もっと積極的に体に働きかけようというアプローチまで様々な種類があります。また、実際に教える講師のヨガに対する考え方にも個性や個人差があります。
どれが正解というわけではありませんが、共感できて自分のニーズに応えてくれるようなレッスンに出会えるよう、事前リサーチは怠りなく!「近くだから」「安いから」という理由だけで選んでも、ニーズと合わなければ続きません。2. 「できる」「できない」ではなく、自分自身の感覚にフォーカスして

初めてヨガのレッスンに参加したビギナーさんは、みんな動きがカタい! 緊張しているのは分かりますが、自分ができているか、できていないか、そればっかり気になってしまっているようです。でも、ヨガの本質はポーズができるかどうかということより、自分の心と体ときちんと向き合えているかどうか、ということ。
ポーズのかたちばかりを気にしていては、ヨガを心から楽しめませんよ!3. 他人のことはまったく気にしなくていいんですよ

「隣りの人、すっごく上手」「後ろの人からどう見られてるのかしら。恥ずかしい……」なんて、他人のことばかり気になってしまって、ヨガに集中できないのもビギナーさんあるある。でも、他人のことをわざわざ見るためにレッスンに来ているわけではないでしょう。
他人のことやどう見られているかということは、まったく気にしないでOK。自分以外のすべての人が上手に見えたり、他人の視線を気にしたりしているうちは、ヨガに集中できません。4. ヨガのポーズだけでなく、その背景にある哲学にも興味を持って欲しい

どんな動機でヨガに興味を持ったかは人それぞれですが、せっかくならヨガの深淵なる哲学や考え方にもぜひ触れてみてください。ヨガを始めるまでに、いろんな悩みやストレスがあったかもしれません。
ヨガの背景にある哲学や考え方を学ぶことで、そんな悩みやストレスをどう受け止め克服していくか、ヒントに出会えるかもしれませんよ。5. “インスタ映え”だけ狙って、スタジオに通わないで!

じつは“インスタ映え”だけを狙って、レッスンやスタジオに通おうというビギナーさんもなかにはいるようです。オシャレなヨガファッションに身を包む自分に酔いしれてしまうのでしょうか。かたちから入ることが絶対に悪いとは言いませんが、そんなふうに見栄やエゴだけでヨガをしていても本来の充足感は得られません。
“どれだけ素敵な自分に見えるか”ではなく、もっとシンプルに自分の心と体と向き合うことを大事にしましょう。