ローカルフードを安く楽しむだけじゃない。シンガポール屋台の新しい姿
元ハナコのシンガポール書簡/拝啓、〈星〉へいらっしゃいませんか? 第10回

第10回はホーカーセンターについて。ホーカー=屋台は、シンガポールの国民の台所。ホーカーをシンガポールの食文化の1つとして盛り上げていこう、という流れから、新しいスタイルのホーカーセンターが生まれています。

シンガポール人にとっての国民の台所ともいうべき存在が、ホーカーセンター(以下「ホーカー」と略)と呼ばれる屋台の集まる施設です。チキンライスやビーフン、肉骨茶など、ローカルフードがリーズナブルにいただけるとあって、観光客にも人気。

ただ、施設といってもオープンエア。扇風機やファンが回っていたりはするものの、ここでの食事は基本的に暑い……。そのため、シンガポールの若い子からは「ごはんはショッピングモールのフードコートとかファストフードに行っちゃう。だって、ホーカーって暑いんだもん」なんて意見も多く聞かれます。

ホーカーの様子は、たとえばこんな感じ。

このままではホーカーの客が減ってしまう! シンガポールの食文化の1つとして守らねば! という危惧から、昨今、若者ユーザーを虜にする新しいスタイルのホーカーが生まれはじめています。

生ライブを聴きながら、クオリティの高い食事を堪能

その代表例が2016年にオープンした「Timbre+」です。ここの特徴は、レストラングレードの食事と音楽が楽しめること。

一般的なローカルフード屋台に加え、「哲平食堂」や「ギャルソン・エクスプレス」など、国内の人気レストランが屋台として出店。屋台形式ゆえ、本店でいただくよりも価格が抑えられています。

また、約200種にも及ぶクラフトビールもスタンバイ。

日曜日以外は毎夜、中央のステージでローカルバンドによる音楽ライブが開催されているので、おいしい食事とお酒を堪能しながら、音楽にも酔えるというわけ。

「料理人やミュージシャンなど、シンガポールの才能を発掘することを目的としています。わたしたちの間では、ここをホーカーではなく「ガストロ・パーク」と呼んでいるんですよ」(広報・デボラさん)

利用客の中心層は20〜30代の学生や働く人びと。小さな子連れのファミリーもいて、若い世代の集客に見事成功しています。

【Timbre+】
■住所:73A Ayer Rajah Cresent JTC LaunchPad @ one-north, Singapore 139957
■アクセス:MRT Circle Line(黄色)「One North」駅より徒歩1分
■営業時間:6:00〜24:00(金土〜翌1:00) 、日11:00〜22:00(屋台により異なる。ライブの予定はウェブサイトを参照)
■定休日: 無休(屋台により異なる)
■URL:https://timbreplus.sg

若い店主のアイディアに期待したい、最新ホーカー

2018年1月末にオープンしたばかりの「Pasir Ris Central Hawker Centre」でも、新しいチャレンジがなされています。

2階建て構造で、その2階スペースの屋台主を若い世代のオーナーに担わせています(1階には一般的なローカルフード屋台が軒を連ねる)。ホーカーに興味を持つ新世代に屋台運営をたくし、シンガポールのグルメシーンをもっと盛り上げていこう! というのが目的なのだそう。

足を運んでみると、スタッフが確かに若い。提供される料理はハンバーガーもあれば、創作イタリアンも、アイスクリームもあり。すべて、このホーカーにしかないオリジナル屋台ばかり。

写真はブラウンライスを使ったヘルシーな和牛丼と、大海老の混ぜ麺。

ドリンクはシンガポールの地ビールと、ノンアルコールのカクテル。

敷地の隣には公園が広がり、心地よい樹々の眺め。天井が高く、大きなファンがついていて、風通し抜群の最高に心地よい空間です。

同ホーカーの試みの背景には、屋台主へ挑戦をしてみたいという若者が、実は昨今増えているという現状があります。まったく異なる分野を大学で専攻していたにもかかわらず、屋台主として起業を希望する人や、飲食業界未経験の他業種からの転職組が現れているのです。こういった人びとに出資サポートをする企業まで出てきているものの、肝心の屋台スペースが満床という問題に直面し、挑戦の場を提供する形で創設されたのがPasir Ris Central Hawker Centreなのでした。

いままでホーカーに行くと、お手洗いは綺麗かしら、という不安がつきものでしたが、新しい施設なので、心配は無用。どちらも都心から若干離れているのが玉に瑕……なのですが、シンガポールの新しい流れを体感しに訪れてみてもらいたいです。

【Pasir Ris Central Hawker Centre】
■住所:110 Pasir Ris Central, Singapore 519641
■アクセス:MRT East-West Line(緑)「Pasir Ris」駅より徒歩3分
■営業時間:7:00〜22:30(ただし屋台により異なる)
■定休日: 無休(ただし屋台により異なる)

☆前回の記事、リトル・インディアはコチラ!
☆これまでの連載はコチラ!