恋愛研究家の六波羅ナオトです。

男性目線で女性を見たときに、ココがおかしいとかヘンだなぁと思うことがいくつかあります。恋愛に関係することだけでなく、日常的な行動の中にもそれは見え隠れしています。男性には理解できない、女性心理ならではの行動なのかもしれません。今回の恋愛メソッドは、男性が感じる女性のヘンなところを矢継ぎ早にご紹介してみようと思います。

腹の虫がおさまらないとメッセージで追撃してくる

これは筆者も経験があります。彼女と口論になり、その場では和解したものの、お互いにどことなく釈然としないままその日は別れたとします。男性としては、「次に会った時にもう一度話そう」とか「この件は、もう水に流そう」と思う局面であっても、帰宅する頃には、彼女から思いの丈を長々とぶちまけたメッセージが届きます。これは本当に意味がわかりません。先ほどあれだけ話し合って、結局は明確な解決策がでなかったことを、改めて文章にして一方的に送ってこられても、好転するとは思えないというのが男性のホンネです。もしかすると、口論では語気の強さや理屈で負けてしまうので、メッセージなら言いたいことが言えるということかもしれません。そうだとしても男性はあまりこういうことはしないので、女性ならではの行動ではないかと踏んでいます。

他人の悪口を額面通り受け取ってしまう

例えば、A子さんとB子さんがおしゃべりをしています。A子さんは、しきりにアナタの悪口をB子さんに向かって力説しているとします。そこで、B子さんは特に疑いもせず、A子さんが言うアナタの悪口を信じてしまい、今までアナタに友好的だったB子さんまで、いつのまにかアナタのことを嫌っているという構図です。ここで思うのが、なぜB子さんはアナタに裏取りもせず、A子さんの言うことを額面通り受け取ってしまうのか甚だ疑問です。それに、A子さんがアナタのことを嫌っているとしても、いくら悪口を聞かされたからと言って、B子さんまでアナタを嫌う必要はないはずです。

男性同士で同じように悪口を吐露するようなシチュエーションがあったとしても、悪口の内容を額面通り受け取らず、自分で確認するまでは何かを判断しません。稀に、女性同士のエピソードと同じように額面通り受け取る男性がいますが、そういう人は卑屈だったりセコい男性が多いです。

この件について、どうしても疑問だったので何人かの女性に直撃してみたところ、女性はそういう傾向があると認めた上で、なぜかと言われても「女性だからとしか言いようがない」と回答しました。他の女性に至っては「女性は話す方も聞く方も共感して欲しいという気持ちが強い」とのことでした。つまり、ヘンだなと自覚しつつもどうしようもないということでしょうか。

「カワイイ」という言葉には年齢制限ナシ

解りやすく説明するために実例を紹介します。筆者が仕事のために、とあるアラフォー女性と接する機会がありました。移動中、少しだけ買い物に付き合って欲しいというので、アパレルショップに立ち寄ります。その女性は、ストールやアクセサリーなどの小物類を物色しながら、「これカワイイー!」と嬉々として筆者に向かって叫ぶのです。正直、「キレイさ」は求めても「カワイさ」を求める年齢ではないというのが筆者の感想でした。そこで、意を決して、その女性に聞いてみました。「その“カワイイ”って、自分が身につける前提で?」と。その女性は「それも少しあるけど、この“モノ自体”がカワイイって意味よ」と答えました。確かに、50代だろうが60代だろうが、女性は「カワイイ」という言葉を使いますね。それが自分が身につけたり、自分自身のことを指し示していなくても、女性にとって「カワイイ」は永遠のパワーワード。「正直、カワイイって歳じゃねーだろ」と思うのは男性のエゴだということです。

カワイイものをカワイイと言って、何が悪いんですか?

さて、前編では3つほど紹介しましたが、まだまだあります。後編ではもっと些細なことをズラリと並べます。女性からすると、「そんなの当たり前では?」と思うことでも、男性目線ではヘンに見えるものです。〜その2〜に続きます。