2017年9月、Apple ParkでiPhone Xを紹介するティム・クックCEO(筆者撮影)

アップルは米国時間3月29日、iPhone/iPad向けの最新ソフトウエア、「iOS 11.3」を配信した。既存のiOS 11ユーザーは、無料でアップデートすることができる。

すでにアップルは新機能の内容についてアナウンス済みで、ヘルスケアデータの管理機能や拡張現実アプリの画質や性能の向上、iPhone Xでライオンやドラゴンなどの新しいAnimojiの追加などが行われている。詳しい機能は、アップルのウェブサイトで確認できる。

これら新機能の中で、ユーザーが最も気になるのが、バッテリー管理機能だろう。ユーザーは「設定」アプリの「バッテリー」の項目の中で「バッテリーの状態」をタップすると、自分のバッテリーの健康状態を知ることができるようになった。皆さんのバッテリーの健康状態はどうだろうか。

懸案の「バッテリー問題」に対応

アップルが今回の機能を導入した背景は、以前にも記事(iPhoneユーザーが苛立つ「速度制限」の正体)でご紹介した「バッテリー問題」に対処するためだった。


iOS 11.3にアップデートしたiPhoneではこの画面が表れる(筆者撮影)

2017年12月、米国のユーザー投稿サイトRedditでの議論を通じて明らかになったのがこの問題だ。アップルは2017年1月配信のiOS 10.2.1以降、iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6sなどのシリーズで、バッテリーの劣化状況に合わせて、iPhoneの性能を制限する機能を導入していた。ユーザーの反感を買った理由は、この性能制限機能をユーザーに黙って追加した点だ。

アップルによると、プロセッサーが高い処理性能を実現するために電力を要求する際、これに見合う電力が得られないと、端末を保護するためにシャットダウンして再起動する仕組みになっているという。バッテリーが劣化すると再起動が頻発し、「ユーザー体験を損ねる」ため、負荷を抑える目的で導入された機能だった。

しかしユーザーは、自分のiPhoneが知らないうちに性能を制限されている点に不満を持ち、アップルはバッテリー交換の値引きと、iOS 11.3でのユーザーによるコントロール機能の導入を約束した。今回のアップデートで用意された機能が、「バッテリーの状態」(ベータ)ということになる。

まず大前提として、あらゆるバッテリーは充電と放電を繰り返すと性能が劣化していく。具体的には、新品当初よりも蓄えることができる電力量が減少していく。これはアップルのiPhoneに限らず、どのメーカーのスマートフォンでも等しく発生する。

スマートフォンの中にはバッテリーをユーザーが交換できる端末もあるが、iPhoneはユーザーによる電池交換ができないため、基本的にはApple Storeで交換してもらうか、iPhoneを買い替えるかが選択肢となる。この点も、アップルのバッテリーによる機能制限機能に不信感を持たれた理由と言える。

実際に、筆者の手元にある2つのiPhoneで比較してみた。


2017年9月から使い始めたiPhone 8のバッテリーの状態。1日もたず継ぎ足し充電をほぼ毎日していることも影響してか、バッテリーの状態は92%だった(筆者撮影)

まず、2017年10月から使い始めて半年が経ったiPhone 8で見てみると、バッテリーの状態は92%だった。つまりフル充電しても、新品のときと比べて8%少ない容量しか利用できない、ということだ。だからといってiPhoneの画面上部に表示させたバッテリー残量が92%より増えないというわけではなく、充電が終わるときちんと100%になっている。

一方、2017年11月から使い始めて5カ月が経過したiPhone Xは、100%のままだった。つまり、新品の時と同じバッテリー容量を維持していることを表している。前者と後者で1カ月の期間の違いはあるが、8%の劣化度合いの変化は大きな差だ。

使い方を比べてみると、iPhone 8は夜までバッテリーがもたず、途中でモバイルバッテリーによる継ぎ足し充電をほぼ毎日行っている。一方iPhone Xはバッテリー持続時間が伸びたことから継ぎ足し充電せずに使い、夜になって初めて有線でフル充電する、という1日1回のサイクルが基本だった。

バッテリーの劣化具合はさまざま

Twitterのハッシュタグ「#iPhoneBatteryHealth」でアンケートを取ってみても、端末の種類や時期、使い方によってバッテリーの状態はさまざまだった。大まかな傾向として、1年間使ったiPhoneの多くはバッテリーの状態が90%になっており、10%前後フル充電時の容量が減っているものが多く見受けられたようだ。

今回のiOS 11.3では、バッテリーの状態にかかわらず、一度「ピークパフォーマンス管理機能」がオフになり、iPhoneのプロセッサーが最大性能を発揮できる状態に戻される。そのうえで、バッテリーの状態によってシャットダウンが引き起こされると、このピークパフォーマンス管理機能がオンになり、性能が制限されるようになる。

ユーザーの批判に応えたもう1つのポイントは、ユーザーが必要に応じてこの管理機能をオフにし、再びピークパフォーマンス機能をONにすることができるようになったことだ。以前の原稿でも触れたが、モバイルデバイスはiPhoneに限らず、省電力性を追求している。つまり、いかにサボるか」を極めることがゴールだ。

そのため、たとえプロセッサーのピークパフォーマンスが制限されても、それを発揮するチャンスは限られており、通常の利用において著しく影響が出るとは考えにくい。

知らないほうがよかった?

それでも、自分のiPhoneが最大の力を発揮できないと思うと、急に愛着が薄れてしまう。今回のiPhoneのバッテリーの状態チェックにも、その傾向が現れているかもしれない。

皆さんは自分のバッテリーの状態を数字で見たとき、どんな感想を持たれただろうか。

前述のように、1年間で10%の劣化は一般的なレベルではあり、その範囲に収まっているユーザーは「上出来」と評価する声も見られる。しかし一般的な傾向と関係なく、自分のiPhoneのバッテリーの状態に劣化があるとわかると、「悲しい」と感想を述べたり「バッテリーを交換したい」と考えるようになる人もいた。

ただ、こうして劣化度合いが数字で具体的に示されることで、「いかにiPhoneのバッテリー劣化を防ぎながら使うか、というノウハウも共有されていくことになるだろう。それぐらい、スマートフォンを使うすべての人々にとって、バッテリーは重要な活力となっているのだ。

バッテリーとパフォーマンスの問題ではアップルの対応は後手に回っている印象を覚える。今回のiOS 11.3による対処は、ユーザーが訴訟を取り下げるだけの効力があるとも考えにくく、今後も訴訟には対処していかなければならないだろう。

その一方で、次のように考えることもできる。

アップルはこれまでiPhoneは2年ごとにデザインを刷新し、また要素技術を追加して買い替えサイクルを作り出してきた。iPhoneを販売する携帯電話会社の割引や分割払い、リース契約なども、この2年という単位が長らく用いられてきた。

しかしスマートフォンの成熟によって、このサイクルは2.5年、3年と長期化していくことが予測されている。またアップルは2014年にリリースしたiPhone 6のデザインを2015年のiPhone 6s、2016年のiPhone 7、2017年のiPhone 8と、4世代で使い続けており、アップル自身もモデルの長期化を助長してきた。

2018年にやっと、iPhone Xのデザインをスタンダードとするラインナップが整うと見られているが、スマートフォンの進化の停滞により、世界的な買い替えサイクルの長期化はより顕著になっていくだろう。

心配症のユーザーは早めに交換するかも

このように、買い替えの動機を見いだしにくくなっている中で、バッテリーの状態は、ユーザーに対して、スマートフォン買い替えの1つの指標を与える可能性が考えられる。前述のようにおおよそ1年で10%の劣化が認められるのであれば、たとえば75%になったあたりで電池交換もしくは機種交換をしよう、というきっかけを与えるということだ。


有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」でもアップルの深層をリポートしていきます。詳細はこちら

あるいは、電池の劣化が速いと感じたユーザーは、電池交換が0円になる期間を延長できるアップルCare+への加入を希望するかもしれない。iPhone Xの場合は2年間の延長保証で2万2800円(税別)、iPhone 8の場合は1万4800円(税別)、iPhone SEの場合は1万2800円(税別)の費用がかかり、これもアップルの売り上げとなる。

今後、バッテリーとパフォーマンスの問題、あるいはバッテリーの健康状態が、ユーザーの間でどのような議論を作り出すかはまだわからない。しかし、アップルとしては「問題解決」と「マーケティング施策」の双方を叶える、面白い機能を作り出したといえそうだ。