3月13日に開業した「池上線五反田高架下」では「自転車」をテーマにした店舗が入居する(筆者撮影)

3月13日、東急池上線の大崎広小路駅近くに「池上線五反田高架下」が誕生した。これまでも五反田駅―大崎広小路駅間には「ラーメン魁力屋」や「五反田桜小路」といった施設があったが、今回延べ床面積約900平方メートルの区画がオープンし、一体の「池上線五反田高架下」となった。内覧会では記者だけではなく2つのテレビ局のカメラも入り、五反田の新たなシンボルとして注目されていることがうかがえた。

現在、五反田周辺ではスタートアップ企業が相次いでオフィスを構えており、中でも五反田駅―大崎広小路駅間や山手通りを挟んだ西五反田7丁目近辺にはスタートアップ企業のオフィスが点在している。

こうした企業の社員は流行に敏感で「新しいもの」が好きだ。そのため、今回の高架下再開発では「URBAN EXPERIENCE」というコンセプトを掲げ、「モノ」消費から「コト」消費へ移りゆく消費スタイルの変化を取り入れた。そしてライフスタイル提案型の店舗を入れることで、「新しいもの」が好きな人たちの好奇心を刺激するような施設を目指した。

「自転車」が大きなテーマ

それでは、具体的に「高架下」の様子を見ていこう。まず、「五反田桜小路」に近い北側の2区画には飲食店を導入し、ビール醸造所を併設したクラフトビールバーをはじめ、4店舗の飲食店が入った。これは高架下再開発としてはかなり一般的なものだ。

今回力が入っているのは、大崎広小路駅に近い南側の2区画だ。ここではライフスタイル提案型のテナントとして「自転車」をテーマとした店舗が入る。

スタートアップ企業の社員は職住近接の傾向が強く、また自転車通勤者も多いという。五反田駅西側のまちを歩いていても有名メーカーのクロスバイクやロードバイクを多く見掛けた。また「池上線五反田高架下」の大崎広小路駅側には山手通りが走る。山手通りには自転車レーンが整備されており、それもヒントとなったようだ。


高架の柱をあえて見せることで開放感を演出。黒の鉄骨でデザインした。柱の点検のため、多少すき間が空いている(筆者撮影)

今回のテーマは施設のデザインにも反映されている。デザイン監修を行ったのはSuppose design office Co.,Ltd。同設計事務所の谷尻誠氏は尾道市にあるしまなみ海道を走るサイクリストのための複合施設「ONOMICHI U2」の設計を手掛けたことで知られる。「ONOMICHI U2」はサイクリスト向けの宿泊施設、有名自転車メーカーのショップのほか、カフェやレストランなどもある画期的な施設として注目を集めたが、「池上線五反田高架下」では、そんな「ONOMICHI U2」の実績を生かして、2区画がサイクリストの基地として整備された。


屋内駐輪場やシャワーなどの施設は契約者のみが利用でき、24時間出入り可能だ(筆者撮影)

どちらも日本コンピュータ・ダイナミクスが経営する店舗「STYLE-B」が運営し、うち1区画には屋内駐輪場(約30台)、タオル利用が無料のシャワールームをはじめ、ロッカー・コインランドリーを備える。ここは契約者専用のエリアで、カードキーによりセキュリティを確保することで24時間利用可能とした。価格は月極で1万8500円(税抜き)と都心の日比谷などの地区にある施設に比べると若干安い。内覧会の際にはすでに数件契約が入っているとのことだった。

自転車の隣で野菜やドーナツも

大崎広小路駅側のエントランスとなる区画には「STYLE-B」が自転車や関連商品を販売するほか、ドーナッツ専門店「DOUGHNUT PLANT」と青果店「旬八青果店」が入る。なんと、自転車の横で野菜を売っているのだ。こうした店舗構成の狙いについて「STYLE-B」の担当者は「本来、自転車屋というと女性が入りにくい雰囲気だと思う。しかし、八百屋やカフェを併設することにより、主婦層をはじめとした女性のお客様でも入りやすい店づくりとした」と語る。

今回、「STYLE-B」は東急電鉄が誘致し、「DOUGHNUT PLANT」と「旬八青果店」は日本コンピュータ・ダイナミクスが誘致した。港区白金台にある「DOUGHNUT PLANT」の店舗でも「旬八青果店」が併設されており、その実績が今回の「池上線五反田高架下」への出店スタイルにつながった。


「STYLE-B」の店内では自転車の横で野菜やドーナッツが販売されている(筆者撮影)

「旬八青果店」は規格外の野菜を扱うことを特徴としている八百屋で、港区や目黒区を中心に10店舗を展開する。特徴について「農家が出荷しない規格外の野菜でもおいしい野菜は多い。それを消費者に提供することで農家と消費者の双方が喜べるようになれば」(旬八青果店担当者)とのことだった。

今回の出店場所については「今までDOUGHNUT PLANTさんと共同出店し、カフェの横への出店の経験はあった。今回自転車屋が加わることにより、さらに店舗のスタイルや客層に広がりが出れば」(同)と期待感をにじませる。

このように特色あふれる「STYLE-B」の2区画。今後は五反田エリアのサイクリストの間で話題の施設となっていくだろう。

地域に合わせた高架下施設デザイン

東急電鉄は近年、高架下の暗いイメージを一新するような開発に力を入れている。2012年に学芸大学駅横にオープンした「GAKUDAI KOUKASHITA」を皮切りに都立大学、中目黒でも同様の開発を行ってきた。特に一昨年オープンした「中目黒高架下」では約700mの長さに渡って、高架下を商業施設として整備し、「蔦屋書店」をはじめ、個性あふれる店舗を入れた。


「STYLE-B」天井のガラス越しに東急池上線の電車が行き交うのが見える(筆者撮影)

今回の「池上線五反田高架下」の特徴について「五反田という立地の特性を取り入れ、歓楽街的なイメージが強い同エリアで別方向からのアプローチを目指した」(東急電鉄・嶝(さこ)俊輔氏)という。また「中目黒高架下」との違いについては「中目黒はもともと高架横の道が人通りが多いところであったため、店舗の個性を重視した。一方で、今回の池上線五反田高架下はもともと人通りの多い場所にはないため、統一感のあるデザインにした」(同)。

従来の開発では高架下を意識させないよう、柱を見えにくくする工夫をしてきたが、今回はあえて高架下の柱を見えるようにした。

また、「STYLE-B」の入る区画は大崎広小路駅に近く、上下線が少し離れた位置にあるため、そのすき間を活用して、天井をガラス張りにした場所を設けることで開放感を演出している。

ところで、池上線といえば昨年の「フリー乗車デー」をはじめとした活性化イベントが記憶に新しい。その関連を尋ねると「当然意識している。今回は『池上線』の名前を冠し、池上線の五反田地区におけるシンボルとなるような施設にした」(同)そうだ。さらに今後池上線では池上駅の再開発が予定されており、引き続き池上線沿線のまちづくりは東急電鉄としても継続的に続けていくという。


「池上線五反田高架下」の上を東急池上線の電車が走る(筆者撮影)

今回の「池上線五反田高架下」の大きな特徴はスタイル提案型の店舗を高架下で展開しているということだ。テーマとなった自転車と鉄道は大変相性がよく、いくつかの地方鉄道では自転車を折り畳み・分解なしでそのまま持ち込み可能な列車が運行されている。また、JR東日本でも今年1月から千葉地区にサイクリスト向けに改造された列車「B.B.BASE」が運行開始されるなど、鉄道サイドからの自転車に対する注目度は高い。交通機関の組み合わせによるライフスタイルの提案により、鉄道の価値向上にもつながるのではないだろうか。

また、今後は今回オープンした施設を利用した自転車利用マナーの啓発イベントや自転車と鉄道を組み合わせたイベントといったものも考えられるだろう。

今後も続く?東急の高架下再開発


歓楽街のイメージが強いが、最近ではスタートアップ企業のオフィスが増えてきた五反田(筆者撮影)

駅周辺開発や高架下開発といった沿線開発に強みを持つ東急電鉄。現在行われている開発のノウハウを最大限に生かすのが、現在行われている渋谷の大規模再開発だろう。今年開業する「渋谷ストリーム」にはgoogleの日本法人本社が入居することも発表されており(東洋経済オンライン2017年12月7日付記事「東急がグーグル渋谷凱旋を熱烈歓迎する理由」参照)、期待感が高まる。その中で今回のようなライフスタイル提案および体験提供型の商業施設が開業したことで、渋谷でも同様の施設開発に期待が持てる。

また、今後の高架下再開発については現在公表できるものはないとしながらも、東横線沿線を中心に考えているという。沿線のまちにマッチする新たな高架下施設がこの先も造られていくことになるようだ。進化を続ける東急電鉄の沿線開発。今後も期待ができそうだ。