瀬戸内寂聴さんの美人秘書が出したエッセイ

写真拡大

作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(95)がテレビ番組で人の悪口について語った言葉が、ツイッター上などで反響を呼んでいる。

瀬戸内さんは、400冊以上を出す売れっ子作家として知られるほか、僧侶としての法話には、500人ほども集まる。

ベストセラーを出した美人秘書を諭す

日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」は、2018年4月2日夜の放送で、「生き仏様」と呼ばれるというこんな瀬戸内さんの日常を紹介した。

昼間からビールを飲み、美意識も高くて毎日顔パックをするという、自由奔放な私生活を送る一方、終活にも取り組んで、邸宅3軒などの財産管理に頭を悩ましているという。

最近は、瀬戸内さんに8年仕える美人秘書の瀬尾まなほさん(30)との活動が脚光を集めている。瀬尾さんは、秘書の日常をつづったエッセイ「おちゃめに100歳!寂聴さん」(光文社刊)を17年11月に出して、18万部のベストセラーになった。

番組では、瀬戸内さんは、瀬尾さんの作家としての才能を高く買っていると明かしたが、瀬尾さんは、世間からの誹謗・中傷が増えたことに悩んでいるという。「お前なんてすぐ飽きられる」「先生のコバンザメ」などといったものだ。

これに対し、瀬戸内さんは、「チャンスを逃したらね、もうダメなの」と瀬尾さんに呼びかけ、こう諭した。

「凄い響いた」「欠点を悪口としていう場合もある」

「女性でもね、男性でもね、自分が幸運なときね、運が向いているときはね、必ず悪口を言われるの。悪口を言われるということはね、悪口を言いたくなるほどね、その人が幸運なのよね」

つまり、幸せに思われているから悪口を言われるわけであって、周りから認められている証拠になると、瀬戸内さんの発言を番組は紹介した。

瀬戸内さん自身も、本が売れる度にバッシングを受けて干されてきた経験があると番組は指摘し、瀬戸内さんは、「そういうのにね、倒されたら、誰も上に行けないよね」と漏らしていた。

瀬戸内さんの発言については、スタジオ内で感心するような声が上がり、出演者の全員一致で「深イイ話」に選ばれた。

発言を紹介したツイッター上の投稿は、4月3日昼過ぎ現在で、8万件以上も「いいね」が付いており、共感の声も相次いだ。

「寂聴さんのお言葉。凄い響いた」「目からウロコです」「こう思えるからこそ幸せになれるんだろうな」「私も悪口言うのやめようと思いました」...

一方、「ケースバイケースでは」といった声もあり、「単純に欠点を悪口としていう場合もあるだろう」「自分に非がないかどうかまず考えるべきでしょ」「悪口を言われるから幸せとはかぎらないよね」などと意見が出ていた。