短い冬が終わりを告げ、束の間の過ごしやすい時季を迎えた台湾。南部ではすでに30度近くまで気温が上がる日も多いですが、台北はちょうど春から初夏といった天候です。

 このあとは雨季に入り、それが終わると長い夏がスタートするのですが、今の時季だからこそ堪能しておきたいのが、心地よい風が吹き抜けるテラスやベランダなど、屋外での食事やお茶。道行く人々を眺めたり、とことんリラックスできそうな癒しの景色を楽しめたりするなど、ちょっと特別感のあるベランダカフェをご紹介します。コンセント、Wi-Fiも完備しているのでゆったりと過ごせますよ。

まるで特別席のようなベランダ席と
開放感溢れる屋上が魅力


光一敘集の外観。デザイン性のあるベランダの欄干が印象的。

 MRT中山駅界隈は、いくつもの路地におしゃれな路面店カフェやショップが多く連なる、東京でいうところの代官山のような雰囲気。デパートやホテルが立ち並ぶ賑やかな大通りから路地へと入ると、どこかのんびりとした穏やかな空気が漂います。

 古い建物を改装したリノベーションカフェ「光一敘集」のある路地も、まさにそんな雰囲気。人ひとり通れるかどうかくらいの、やや急な階段を上ると、どこか温かみのあるおしゃれな空間が広がります。2階、3階、屋上すべてがカフェとして利用できるので、想像以上に席数は多め。目の前に建物がないため、向かいの大きな樹のグリーンが見えて、非常に気持ちのいい空間をつくりだしています。


カウンター席を中心とした2階。


テーブル席で構成された3階。

 ここは3階のベランダに2人がけテーブルが1卓用意されているのですが、店内とはガラスの扉を隔てているので目の前のグリーンを独占でき、なんとも特別席のような雰囲気。また屋上や奥のカウンター席からも、もちろん同様の景観を楽しむことができます。


3階ベランダにある座席は、目の前に広がるグリーンが心地よい。


広々とした屋上。奥のカウンター席からは通りを見下ろすことができる。

 メニューは、こだわりの豆を使用したスペシャリティコーヒーをはじめ、開店から午後2時まではブランチメニュー、その他パニーニなどの軽食やデザートといったラインナップ。商品はテーブルまで運んでくれますが、注文と先払いのお会計は2階のレジで済ませ、使用した食器は自分で片付ける半セルフサービス形式です。


人気のブランチとカフェラテ。

光一敘集
所在地 台北市中山區中山北路二段20巷2-2號 2〜4F
交通 MRT中山駅3番出口より徒歩約4分
電話番号 02-2531-0877
営業時間 月〜木曜 10:00〜20:45、金曜 10:00〜21:45、土曜 9:00〜21:45、日曜 9:00〜20:45

台湾カルチャーを体感しながら
ベランダカウンターで道行く人々を眺める


2階にあるhomey's café。置き看板のある右手の建物から2階に上がることができる。

 おしゃれさんが集うファッションエリアが東区。週末ともなると流行に敏感な人々で街は賑わいます。セレクトショップや素敵なカフェも多いエリアで、みなそれぞれにお気に入りのカフェでお茶を楽しんだり、仕事をしたり、思い思いの時間を過ごしています。


落ち着いた雰囲気の店内。


奥行きがあり、テーブル席やさらに別の空間もある。

 「homey's café」もそんな存在のアパートの2階を利用した隠れ家カフェ。向かいは公園という立地なので、街の喧騒から離れ、大人が一息つくのにぴったりな空間です。

 店内には書籍、雑誌、CD、各種フライヤーなどが多数置かれているので、気になったものを手に取って、台湾カルチャーに触れることもできます。


カウンター席になっているベランダ。


L字型のベランダには喫煙ができるスペースも。目の前は公園。

 こちらのベランダはカウンター仕様。たっぷりポットで提供される台湾茶で休憩しつつ、旅の情報収集をしてみるのもよさそう。L字型のベランダのもう一方にはベンチが置かれ、喫煙できるようになっています。

 目の前が公園なので、開放感もたっぷりです。道行く人々を眺めながら、また公園で遊ぶ子供たちを眺めながら、台湾の日常をこんなところから知ることができるのも、一味違った旅の楽しみ方です。


台湾茶もメニューに並ぶ。阿里山金萱茶とフルーツワッフル。いずれもたっぷりのボリューム。

 営業時間は24時まで。軽食やアルコールも置いてあるので、カジュアルに一杯飲みたいなんていうときにも、立地含めておすすめなカフェです。

homey's café
所在地 台北市大安區敦化南路一段236巷36號 2F
交通 MRT駅忠孝復興駅3番出口より徒歩約4分
電話番号 02-2711-1519
営業時間 12:00〜24:00

ベランダカフェの決定版!
小さな漁港から癒しの景色を


小さな漁港に面したAncre Café。

 台北駅からMRTで約40分。夕日が美しいスポットとして人気の淡水にも、なんとも気持ちのいいベランダカフェがあります。

 MRT淡水駅から淡水河を眺めながら歩くこと約15分、小さな漁港「滬尾漁港」に到着します。漁港を取り囲むようにいくつかの飲食店が立ち並んでいるのですが、なかでもおすすめなのが漁港正面にある「Ancre Café」。


ソファもある広めのベランダ席。

 1階にあるウッディーな扉を開け2階へ上がると、ペールグリーンがアクセントになったナチュラルテイストの店内が。大きな窓からは光が差し込み、それだけでもう気持ちのいい空間です。


ナチュラルテイストの明るい店内。


複数人で利用できるソファなど。ここからベランダへ出られます。

 店内は2つのフロアに分かれ、階段を上って右手には複数人で利用できるテーブルやソファがあり、さらにそこからベランダ席へとつながります。広めのベランダ席はソファが2席と2人用テーブルが3卓。ぜひとも灼熱の時季が到来する前に味わっておきたい、素晴らしいロケーションです。


淡水河と向こうに見えるのは観音山。

 目の前には淡水河、遠くに見えるのは登山スポットとしても人気の観音山。その穏やかな水辺の景観は、まさにリフレッシュにふさわしい癒しの景色。夕方には、もちろん淡水名物の美しい夕焼けが堪能できます。


かわいらしいイチゴのスムージーと焼きタイプのチョコレートドーナッツ。

 フォトジェニックなかわいらしいスイーツやドリンクもあり、淡水に来たからには訪れておきたいカフェです。

Ancre Café
所在地 新北市淡水區中正路233-3號 2F
交通 MRT淡水駅1番出口より徒歩約15分
電話番号 02-2626-0336
営業時間 11:00〜21:00

文・撮影=矢作晃之